実家が売却されたら、「親」が次に行くのはどこですか?

[`evernote` not found]

実家の売却が決まったら、
そこに親や兄弟など住んでいたら、
実家を明け渡すときまでに
出ていかなくてはなりません。
 
71924b079ff25f73d06f0d004735f0b6_t.jpeg
 
 
 
当然のことながら、
実家に住んでいた人は、
次に住む場所に
引っ越さなければなりません。
 
 
 
人が住んでいる実家の売却は、
実家を売ると決めた段階で、
次に住む場所の目処を
ある程度たてているケースが多いので、
 
「期日までに引っ越しできなかった」
ということは、あまりありません。
 
 
 
しかしながら、売却する段階で、
次に住む場所の目処を立てるのも、
決して簡単なことではありません。
 
 
 
そもそも
人が住んでいて実家を売却するのは、
 
高齢の親が一人で住んでいるのが不安なため、
一緒に住むか、近くに住んでもらうかして、
親を見守ろうというケースがほとんどです。
 
 
 
 
子供世帯と一緒に暮らすケースだと、
まず受け入れ側の理解が大前提です。
 
 
 
自分の親であっても、
パートナーの親ではありませんから、
一緒に住むとなれば、
当然のことながら気は使います。
 
 
 
高齢の親ですから、
生活習慣も違ってきますし、
 
歳を重ねるごとに、
健康状態も懸念されてきます。
 
 
 
 
そして家の中も、
高齢者を迎える準備を
しなければなりません。
 
 
 
いわゆる
「家のバリアフリー化」も
考えなければならないし、
 
手すりや敷台などの、
介助設備や介助用具も
いずれ必要になってくるでしょう。
 
 
 
デイサービスなどの介護施設や
病院などの救急施設も把握して、
 
親の日常生活をサポートする
準備をしておくこともあるでしょう。
 
 
 
 
ざっと挙げて、
親を受け入れるというだけで
これだけのことが出てくるわけですから、
 
個別の事情を考えれば、
もっと親の受け入れ準備は
必要になるでしょう。
 
 
 
 
「子供の家に面倒をかけたくない」
という親の気持ちも考えて、
 
近くのアパートなどに住んでもらう
選択肢もありますが、
 
 
いくら一人で生活できる
身体・判断能力だとしても、
 
離れて暮らしていることに
変わりありません。
 
 
 
ヘルパーさんなどの訪問介護で
定期的に様子を見にきてもらいながらも、
 
自分も定期的に様子を見たり、
生活介助・援助はして行くことに
なるでしょう。
 
 
 
 
親と同居するために、
実家を売却すると決めた段階で、
 
自分たちの生活が、
パッと思いつくだけで、
これだけ大きく変わるわけです。
 
 
 
逆を言えば、
実家の売却に踏み切れない
大きな要因の一つに、

「親と同居して
 生活することへの不安」

もあるということです。
 
 
 
「親が住んでいる実家を売却する」
ということは、

「自分の生活が根底から変わる」
ことと意識して、

 
実家の売却は
考えていただくといいですね。