実家を買い替えるデメリット〜実家はいくらで売れますか?〜

[`evernote` not found]

昨日は、
実家を買い替えるデメリットについて
お伝えしましたが、
 
実家の買い替えには
もう一つ大きなデメリットがあります。
 
 
 
それは
 
買い替え資金を
どこから捻出するか?
 
 
もっとわかりやすくいうと、
 
 
実家がいくらで売れて、
足りない資金を、
誰が、どこから用意するのか?
 
 
ということです。
 
 
 
まず大前提にあるのは、
 
実家がいくらで売れるのか?
 
ということです。
 
 
 
築年数が40年以上過ぎたような
古い実家を売っても、
 
次の家を買えるくらいの金額で
売れるケースは
それほど多くはありません。
 
 
 
足りない資金は、
 
 
・自分が持っているお金で用意する
 
・息子、娘にお金を用意してもらう
 
・または息子、娘に住宅ローンを
 組んでもらうなどして一緒に住む
 
 
などの選択になるでしょう。
 
 
 
高齢になった親の
これから介護や医療にかかる
お金を考えると、
 
親に手持ちのお金を出してもらうのは、
現実的には厳しいところです。
 
 
 
とはいえ、
実家が売れる金額も、
大きく変わることもありませんから、
 
少なからず、
息子、娘の力を、
借りることになるでしょう。
 
 
 
そうなると、実家の買い替えは、
親の住処の問題だけでなく、
 
息子、娘のライフプランにも
大きく関わってきます。
 
 
 
なぜ買い替えるのか?
 
 
 
便利さを求めてなのか?
 
 
家のメンテナンス費用を減らしたいのか?
 
 
息子、娘と生活を共にするのか?
 
 
 
理由は様々ですが、
 
 
買い替え資金を
息子・娘が負担するということは、
 
実家の買い替えは、
一族に関わる問題になってきます。
 
 
 
もちろん、
親も息子や娘の生活は考えることでしょう。
 
 
 
買い替えの計画をする時点で、
お金のお話は必ず出てきますが、
 
親世代、子供世代のライフプランを
十分に考えた上で、
 
買い替え計画は進めていただくと
良いですね。