【東京都葛飾区 築55年一戸建て】もっと早く動けば良かったです。。

[`evernote` not found]

先月、
東京都葛飾区のご実家を売却された
東京都在住のK様より、
ご感想をいただきました。

K様とは、約3年くらい前に、
初めてお会いしたのですが、

8月に開催した当社セミナー
「実家の売却に困ったら?」の告知を
facebookで見かけていただき、
ご参加いただきました。

それがきっかけで、
今回の実家の売却に至ったわけですが、

築55年経ち、
大きな修繕箇所もあったご実家で、
ご相談いただくまでに、
様々な思いやお悩みがあったそうです。

シンプルなご意見の中に、
「実家をこれからどうしよう。。」
と考えている方に向けて、

大切なメッセージが込められていましたので、
シェアさせていただきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①ご実家を売却する前のお悩みは何でしたか?

answer

借地でしたので
更新するか?それ以外か?ですね。

②ご実家を売却したことで、
 良かったこと・解決できたことは何ですか?

answer

心の整理をすることができたことです。

③ご実家の売却手続きが終わってから、
 「こうしておけばよかった」
 「こうだったらよかった」といった、
 心残りなことはありますか?

answer

もっと早く考えているだけじゃなく、
動くべきだと感じています。

④私がお役に立てられる人は、
 どんな方だと思いますか?

answer

面倒だな、とか厄介だな、
と感じている方のために、動ける方だと思います。

⑤空き家になっているご実家をどうしようか?
 とお考えになられている方へ、
 アドバイス・ご意見等いただけますか?

answer

思っていることを、
考えているだけでは前に進まないので、
信頼できる人に相談する。

まぁー何事に置いてもそうですね(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
K様、
ご感想・ご意見、ありがとうございました!

「借地契約の更新」という大きなきっかけで、
空き家のご実家をどうしようか。。
と、具体的に動き始めたわけですが、
いただいたお声にある、

「もっと早く、
 考えているだけじゃなく、
 動くべきだと感じている」

というお言葉が、大変印象に残りました。

借地の更新を機に売却できたことは、
結果として大変良かったです。

しかしながら、
もっと早く動いていたなら、どうだったのだろう。。
もっと遅かったら、どうなっていただろう。。

そう思うと、
確かに心に残るものもあったかもしれません。

実際に売却の実務に携わった私としても、
もっと早く動けていたら、
もっと良い展開になったのでは?とか、

来年相談にこられていたら、
こんなことになっていたのでは?とか、
思い巡らせることがいくつかありました。

実家のことを誰に相談したらいいか?
何を、どうやって相談したらいいか?
どうしよう。。。など、
漠然と考えていることは多いと思います。

しかしながら、
行動しなければ何も始まりませんし、
対策もできません。

私の役目は、
こうした想いをもたれている方に、
具体的な売却や賃貸の
アドバイス・実務を行うことだけではなく、

考動するきっかけを与えること

も大きな志明と考えています。

「まだ先」「今はちょっと。。」と思っていても、
いつか、何かしなければならない時が必ずきます。

実家のことを考えるのに、
早すぎることはありません。

「実家どうしよう。。。」と考えている方は、
まず一歩、考動してみてください。

そして、関わる人に会ってみてください。

セミナーに行ってみたり、
身近に不動産に関わる人に相談したり、
実家に関わる人へ会って話してみると、

次に起こすべき行動が
見えてくることも多いですし、
何よりも、少なからず、
「モチベーション」が上がります。

そのモチベーションが持続するかどうかは、
その時の実家の状況にもよりますが、

自分一人でなかなか考動に移せないなら、

人を巻き込んで、
自分以外の意見や考えが入ってくる環境に
していくことも大切です。

私も、
来年のオリンピックイヤーは、今年以上に、
空き家の実家を考える「きっかけ」
たくさんつくっていきたいと考えています。

「実家どうしよう。。」と悩む、
2代目世代のために、
これからも尽力していきます!