【実家の内覧】初めてのご案内が、ラストチャンスです。

[`evernote` not found]

昨日は、
実家の内覧・ご案内は、お客様に、
「いかに好印象を残せるか?」
が大切かということをお伝えしました。
 
 
 
好印象を持っていただくには、
いろいろなやり方がありますが、
 
まず基本的なこととして、
掃除と草むしり
はしておきたいですね。
 
 
 
自分の実家に興味を持ってもらい、
わざわざ見に来てくれる
お客様の目線に立って、
 
 
どこが目につくのか?
どこに視線がいくのか?
 
 
を確認して、
お客様を迎える準備は
しておきたいものです。
 
 
 
そして、大事な心構えとして、
初めて内覧していただいたお客様が
最初で最後のお客様と思い、
準備・対応することです。
 
57c0bb46ebb2414c6b44aaa67598aaea_t.jpeg
 
 
 
実家の売却は、
購入していただけるお客様が、
一人いればいいのです。
 
 
 
したがって、
何人ものお客様に
来ていただく必要はなく、
 
事前に告知している情報で
家の状況を、ほぼ納得してもらい、
 
あとは現地を確認すれば
買うという状況の人に
内覧してもらうのが理想です。
 
 
 
言いかえると、
 
 
「これをみたら、
 必ず買っていただける!」
 
という状態でご案内するということです。
 
 
 
そもそも、実家の場所が、
遠方でなかなかいくことが
できないようなら、
 
なおさら時間をかけずに、
たった一人の購入者に
買っていただいた方がいいですよね。
 
 
 
不動産業者のように、
何度も不動産を
売却するわけではありませんから、
 
 
きっちり準備をして、
最初に見ていただいた方に
決めてもらえるよう、
 
 
最大限の準備と心構えで、
お客様をお出迎えしましょう。