実家を「貸す」デメリットとは?〜2022年11月版〜

[`evernote` not found]

実家が空き家になったら、
多くの人は実家を売る選択をされます。
 
 
 
それは実家を「貸す」という選択に
気づかないこともありますが、
 
貸すことへの不安や心配があることも
大きな理由です。
 
 
 
貸すと煩わしいとか、
売ってスッキリさせたいといった理由で、
売る選択をされる方が多いですが、
 
具体的に貸すデメリットとは、
どんなことがあるのでしょうか?
 
 
 
簡単にいうと、実家を貸すということは、
アパートや賃貸マンションと同じで、
賃貸経営に関わる心配ごとがあります。
 
 
 
さらに、今の円安や世界情勢の中での、
漠然とした不安もあるでしょう。
 
 
 
以下にその具体的な例を挙げてみました。
 
 
 
今この時期に実家を貸すことで、
 
自身や家族に
どんな不安やデメリットがあるのか?
 
ぜひ考えてみてくださいね。
 
 
 
【実家を貸すデメリットとは?】
 〜2022年11月版〜
 
◉2022年の事情
 
・今好調の不動産市況の中で、
 売るタイミングを逃すかもしれない。
 
・外国人の受け入れが緩和されたものの、
 コロナ前とは違う外国人対応へ不安がある。
 そもそも外国人対応へまだまだ不安がある。
 
・ガソリンや電気代の値上げ、物価高等で、
 家計が厳しくなり、お金が必要になった時、
 売りたくても売れないかもしれない。
 
・テレワーク、ワーケーションなど、
 様々なライフスタイルが定着してきた反面、 
 貸す側が望まない、予想もしない使い方を
 されるかもしれない。
 
 
◉賃貸経営の不安
 
・返してくれるか不安。
 
・自分の実家を他人に使われるのは嫌。
 
・入居者のトラブルが不安。
 
・家賃が滞納されないか心配。
 
・修理への対応が心配。
 
・返却後、売れるかどうかわからない。
 
・借り手がいるかどうかわからない。
 
・犯罪に使われるかもしれない。
 
・地域の人に受け入れられないかもしれない。