【都道府県地価調査】実家の売却を考える機会になりそうです。

[`evernote` not found]

昨日、国土交通省より
令和4年の都道府県地価調査が発表されました。
 
 
◉全国の地価動向は全用途平均で3年ぶりに上昇
 ~令和4年都道府県地価調査~
https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo04_hh_000001_00024.html
 
 
◉国土交通省地価公示・都道府県地価調査
https://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=0&TYP=0
 
※国土交通省ウェブサイトより。
 
 
コロナの影響で続いていた地価の下落傾向が、
全体的に改善に向かってきていますね。
 
 
 
外国からの入国規制も緩和され、
新しい日常が定着した中で、
経済状況も回復しているのも身近に感じています。
 
 
 
地価の上昇も、
自身の最近の取引状況だったり、
仲間の不動産業者からの近況から、
 
実際の取引価格も
上がってきているように感じています。
 
 
 
もちろん都市部、地方部で状況は違うものの、
全体的に取引件数が多くなっているのは
肌感覚でも実感しているので、
今回の地価調査の結果も納得できますね。
 
 
 
今回の地価調査結果は実家の売却にも、
少なからず影響することでしょう。
 
 
 
もし実家の売却を考えているようなら、
まずは今の実家の価格をしておくと良いですね。
 
 
 
いくらで売却できるのか?
不動産会社に査定してもらい、
 
その売却金額が
これからの自身や家族のライフプランを考える上で
妥当な金額なのかどうか?
 
ぜひ考えてみてくださいね。