【空き家のリフォーム】使うまでに工事は間に合いますか?

[`evernote` not found]

昨年より、私の自宅の前で、
大きな分譲住宅の工事が行われています。
 
 
 
私も同じシゴトをしていたので、
おおよその工事の流れはわかりますが、
 
畑を住宅地にする工事が終わり、
これから建物の工事を進めていくようです。
 
 
 
広告や現地を見ていると、
お客様の希望に合わせて、
ある程度のオーダーができる形で
販売しているようです。
 
 
 
家は大きな買い物ですから、
オーダーができるのはお客様目線の対応で、
買う人にとっては嬉しいことですよね。
 
 
 
そうした販売活動なので、
まだ工事が始まらない区画が多いのでしょうが、
 
工事が始まった区画を見ると、
なかなか工事が進まないのが気にかかります。
 
 
 
土地の工事も、
周辺住民に案内していた工事終了予定より
ずっと遅いですし、
 
建物の工事も始めたものの、
少し作業してそのまま止まっています。
 
 
 
いろいろな事情はあるでしょうが、
 
こうした工事の遅れは、
ここに限ったことではありません。
 
 
 
さまざまな理由が考えられますが、
今の社会情勢から考えられるのが、
「材料の調達」と「人員確保」です。
 
 
 
木材など家の材料が高くなったり、
海外からの材料輸入が遅れていたり、
コロナで人が来れなくなったり、
 
家の工事にも
今の社会情勢は影響を与えています。
 
 
 
これは新築だけではなく、
リフォームの現場も同じです。
 
 
 
古い空き家を活用するのに、
リフォームしようとしても、
 
工事の予定が立たない、
予定通りに工事が終わらない、
 
といったことも十分にあり得ます。
 
 
 
工事が関わる活用としては、
 
実家をリフォームして貸す、住む
 
という選択肢があります。
 
 
 
工事が遅れるということは、
賃貸募集も、入居する時期も遅れ、
 
年末年始や年度替わりなどの
チャンスを逃すことにも繋がります。
 
 
 
材料や人の確保の問題は
まだまだしばらくは続きそうですので、
 
実家をリフォームして
活用しようと考えているようでしたら、
 
工事期間や活用の開始時期は
余裕を持って進めてくださいね。
 

昨年より、私の自宅の前で、
大きな分譲住宅の工事が行われています。
 
 
 
私も同じシゴトをしていたので、
おおよその工事の流れはわかりますが、
 
畑を住宅地にする工事が終わり、
これから建物の工事を進めていくようです。
 
 
 
広告や現地を見ていると、
お客様の希望に合わせて、
ある程度のオーダーができる形で
販売しているようです。
 
 
 
家は大きな買い物ですから、
オーダーができるのはお客様目線の対応で、
買う人にとっては嬉しいことですよね。
 
 
 
そうした販売活動なので、
まだ工事が始まらない区画が多いのでしょうが、
 
工事が始まった区画を見ると、
なかなか工事が進まないのが気にかかります。
 
 
 
土地の工事も、
周辺住民に案内していた工事終了予定より
ずっと遅いですし、
 
建物の工事も始めたものの、
少し作業してそのまま止まっています。
 
 
 
いろいろな事情はあるでしょうが、
 
こうした工事の遅れは、
ここに限ったことではありません。
 
 
 
さまざまな理由が考えられますが、
今の社会情勢から考えられるのが、
「材料の調達」と「人員確保」です。
 
 
 
木材など家の材料が高くなったり、
海外からの材料輸入が遅れていたり、
コロナで人が来れなくなったり、
 
家の工事にも
今の社会情勢は影響を与えています。
 
 
 
これは新築だけではなく、
リフォームの現場も同じです。
 
 
 
古い空き家を活用するのに、
リフォームしようとしても、
 
工事の予定が立たない、
予定通りに工事が終わらない、
 
といったことも十分にあり得ます。
 
 
 
工事が関わる活用としては、
 
実家をリフォームして貸す、住む
 
という選択肢があります。
 
 
 
工事が遅れるということは、
賃貸募集も、入居する時期も遅れ、
 
年末年始や年度替わりなどの
チャンスを逃すことにも繋がります。
 
 
 
材料や人の確保の問題は
まだまだしばらくは続きそうですので、
 
実家をリフォームして
活用しようと考えているようでしたら、
 
工事期間や活用の開始時期は
余裕を持って進めてくださいね。