【ボロ実家活用寺子屋】おしゃれなリノベーションは必要ありません。

[`evernote` not found]

東京オリンピックが、
いよいよが始まりましたね。
 
 
 
ソフトボール、サッカーと、
日本勢の好調なスタートで
最初からいい流れができましたね。
 
 
 
困難な状況の中、
アスリートの皆さんの活躍で、
日本を、世界を元気づけてくれることを、
期待しています。
 
 
 
さて、先日ご案内させていただいた
について、少しお話しさせていただきます。
 
 
【第1回 ボロ実家活用寺子屋】
https://fb.me/e/Wm8VwomK
 
 
 
この寺子屋は、
実際に利用されている築50年オーバーの
普通の民家で開催します↓
 
◯古民家レンタルスペースあおさや
https://www.aosaya.me
 
 
 
6帖、4.5帖、3帖の和室に、
トイレ、台所がある、普通の平家です。
 
 
 
50年以上建っている家なので、
それなりの老朽化はしていますが、
 
室内は適度にリフォームをされていて、
お客様を迎えて何かするには、
十分利用できる空間になっています。
 
 
 
室内は火鉢と藤の花で
昔の昭和の懐かしさを感じさせ、
心を落ちつけて過ごせるスペースです。
 
 
 
特段、お金をものすごくかけて、
おしゃれにリノベーション
しているわけではなく、
 
昔の家を適度にメンテナンスしながら、
良い状態で維持しているだけです。
 
 
 
今から50年前の家と今の家は
同じ木造とはいえ、素材も建て方も違います。
 
 
 
50年前のスタンダードが、
今はレトロで人気で良い雰囲気を醸し出し、
レンタルスペースとして活用されています。
 
 
 
こうした古い昭和の家を
そのまま活かす方法は、
レンタルスペースだけではありません。
 
 
 
実際、私も築40年オーバーの家を
DIYできる賃貸住宅として管理していますが、
その使い方はさまざまなです。
 
 
 
お金をかければいいのではなく、
いかに世の中のニーズに気づき、
対応していけるかが大切です。
 
 
 
 
当日は、そんな現役の活用事例の場で、
単に売る、貸す、建てるだけではない、
古い実家の活用方法を
一緒に考えていきたいと思っています。