【空き家の税金 その1】古すぎる実家の方が、税金はお得かもしれません。

[`evernote` not found]

あなたは、
実家がいつ建てられたか知っていますか?
 
 
その建てられた時期によって、
実家を売った時に、
税金が安くなる対象になります。
 
 
 
昭和56年5月31年以前
建てられた家を売った場合、
税金の特例の対象になります。
 
 
 
この建てられた年月日は、
不動産登記情報、権利書などに書かれた、
「新築年月日」で確認できます。
 
 
 
メンテナンスが悪くてボロボロでも、
昭和56年6月1日以降に建てられた家は、
この特例は使えません。
 
 
 
逆にいうと、
昭和56年5月31日以前に
建てられた家であれば、
どんな家でも大丈夫です。
 
 
 
ただし、
古い家をそのまま売るだけでは
特例の対象にはなりません。
 
 
 
その家を壊して土地として売る、
 
または、
 
耐震リフォームをしてから売る、
 
必要があります。
 
 
 
次回、これらについて、
もう少し詳しくお伝えしますね。
 
 
 
※空き家を売った時の税金の特例の詳細は
以下をご参照ください。
 
◉空き家の発生を抑制するための特例措置
(空き家譲渡の3000万円特別控除)
 について
https://www.mlit.go.jp/common/001396932.pdf
※国土交通省HPより。
 
 
◉被相続人の居住用財産(空き家)
 を売ったときの特例
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3306.htm
※国税庁HPより。