あなたが実家を売る「動機」はなんですか?

[`evernote` not found]

実家が空き家になると、
誰もが考えることは「売る」ことです。
 
 
 
事情はいろいろあるにせよ、
もう誰も住む予定がなければ、
売ってしまった方が良いと思うのは
当然のことでしょう。
 
 
 
とはいうものの、実家を売るにも、
 
「動機」は明確にした方が良いですね。
 
 
 
刑事ドラマの事件解決も
動機から犯人を探したり、
 
営業のセールストークは、
顧客の動機に働きかけたり、
 
人は動機によって考動が決まります。
 
 
 
では実家を売る動機とは何か?
 
 
 
人それぞれ違いますが、
主な動機は、以下の2点でしょう。
 
 
◉まとまった現金が入る。
 
◉管理の手間がなくなる。
 
 
 
具体的には、実家を売ることで、
 
・草むしりや空気の入れ替えに
 時間と費用をかけることがなくなる。
 
・修理費用や固定資産税などの、
 維持費がなくなる。
 
・まとまった収入ができる
 
ということです。
 
 
 
別の言い方をすると、実家を売ると、
 
まとまった収入なくなる支出
 
をつくることができるとも言えます。
 
 
 
では実家を売ったことで
得たお金となくなったお金で何をするのか?
 
 
 
これが、実家を売ることの最大の動機です。
 
 
 
例えば、
 
・子供の大学の入学金に当てたい。
 
・家を購入する頭金にしたい。
 
・住宅ローンを返済したい。
 
・世界一周旅行に行きたい。
 
など、自分の夢や目標を達成することが
実家を売る本当の動機ではないでしょうか?
 
 
 
実家を売却することで、
自分が望むライフプランが実現できるかどうか?
 
 
 
それを判断基準にして、
実家を売るかどうか決めていくといいですね。