古い実家を売るときの値付けのポイントとは?

[`evernote` not found]

実家を売ろうと思ったとき、
一番気になることは
ズバリ「金額」ですよね。
 
 
 
少しでも高く、良い条件で売りたい!
のは誰でも普通に思うことでしょう。
 
 
 
築40年以上経っているような
古い家を売るときには、
 
建物の価値はないと考え、
土地として売ることは多くあります。
 
 
 
しかしながら、
古い家が建っている土地は
単純に土地価格の相場では売れません。
 
 
 
なぜならば、
その土地に新築したり利用するためには、
今建っている古い家は必要ないため、
建物を取り壊す必要があるためです。
 
 
 
したがって、古い家を売るときには、
取り壊す費用(解体費用)を
考える必要があります。
 
 
 
具体的には、
 
・解体費用分を差し引いて、 
 古い家が付いた土地として売る。
 
・古い家を取り壊してから、
 更地として売る。
 
の選択になります。
 
 
 
解体費用の目安は
以下の記事をご覧ください。
 
【実家の解体費用】
ざっくり目安はこのくらいです。
https://jikka-akiya.com/?p=5100
 
 
 
簡単にいうと、
 
古い実家を売るときは、
普通に土地だけを売るよりも、
解体費用分が相場より安くなる、
 
ということです。
 
 
 
あなたの実家は築何年くらい経っていますか?
 
 
 
明らかに古い実家なら、
解体費用も考えて、
実家を売却を考えてくださいね。