【土地で貸す】実家を解体したら、いつ売りますか?

[`evernote` not found]

昨日でシゴト納め、
今日から年末年始休暇の人も多いせいか、
 
一気に人の動きが
多くなったように感じます。
 
 
 
コロナとはいえ、
年末の慌ただしさは例年と変わらないですね。
 
 
 
私も大掃除をして、
1年の垢を落としてきれいにしました。
 
 
 
残すは洗車です。
 
 
 
私はいつもガソリンスタンドの
洗車機で車をきれいにしていますが、
 
若い時は洗車場に行って、
水をかけ、磨き上げて、
きれいにしていたものです。
 
 
 
私が車を運転するようになってから
使っていた洗車場は、
 
今もまだあって、
多くの人が利用されています。
 
 
 
時を経て、
洗車場も土地の活用方法の一つであること
を理解できるようになりました。
 
 
 
実家を解体して土地にした場合も
同じように土地を活用することができます。
 
 
 
その土地の活用方法は、
 
・いずれ売却するかどうか?
 
・売却するならいつ売却するか?
 
によって選択肢が変わってきます。
 
 
 
以下に代表的な例を挙げてみます。
 
 
 
1、早い時期に売却したい、または、
売却するかどうかまだわからない場合
 
駐車場、コインパーキング、自転車置き場
家庭菜園、資材置き場、コンテナ置き場 

など。

 
 
2、売却しない、または、
長期間土地を持っていたい場合
 
建物を建てる目的で貸す。
 
・住宅、アパート、店舗、事務所
・高齢者施設、障がい者施設
・コインランドリー など
 
 
 
1の場合は、
土地を売却したいと思ったら、
比較的早く売却できる活用方法です。
 
 
 
大きな工事を必要としないので、
費用も多額にかからず、

売却するときも、
撤去、撤収、解体が容易にできます。

 
 
 
2の場合は、
貸した土地に建物を建てるので、
長期に土地を貸すことが前提になります。
 
 
 
借りる方も多額の費用をかけるので、
短期間で取り壊すわけにはいきません。
 
 
 
長期間の土地賃貸契約になるので、
契約の内容もしっかり定め、
 
貸主、借主が変わった場合も、
スムースに継承できるように
しておく必要はあります。
 
 
 
代表的な土地活用の方法を挙げましたが、
もちろん、立地によって適した利用方法
は違います。
 
 
 
ご自身のライフプランと立地条件を踏まえて、
土地活用の選択を考えていくといいですね。