「実家に住む」とき、考えておきたいこと。

[`evernote` not found]

実家の活用の一つとして
「実家に住む」と選択肢があります。
 
 
 
これは、
実家に「戻って」住むということですが、
この選択をされる方には、
こんな理由が考えられます。
 
 
 
・地方の自然と静かな環境で暮らしたい。
 
・地元に愛着がある、
 地元で働きたい、貢献したい。
 
・実家の方が住環境や立地条件が良い。
 
・家賃や住宅ローン、生活費などの
 経済的負担を軽くできる。
 
・親や兄弟、親戚、友人など、
 実家に近い人に関わることが多くなる。
 
・実家の方がライフプランを叶えられそう。
 
 
 
こうした理由で、実家に住むとなった場合、
具体的にどんな考動になるでしょうか?
 
 
 
生まれ育ったところとはいえ、
何年、何十年ぶりに戻ってくる場所です。
 
 
 
家はそれなりに古くなっているでしょうし、
家族とともに実家に戻ることになれば、
部屋数や部屋の使い方も当然変わります。
 
 
 
Wi-Fiやセキュリティなど、
今の時代に必要な設備が
整っていないこともあるでしょう。
 
 
 
したがって、実家に住むにあたっては、
 
・建て替え
 
・リフォーム、リノベーション
 
の選択は検討することになります。
 
 
 
建て替えするか、
リフォーム・リノベーションするかは、
 
これからのライフプランや、
収入や預金・資産などの経済的理由
 
などによって変わります。
 
 
 
代表的な判断基準を以下に挙げてみました
 
 
 
【建て替えをする場合】
 
・実家を終の住処としたい。
 
・ライフプランに合わせて、
 間取りや設備を大幅に変える必要がある。
 
・収入や資産に余力がある。
 
・子供たちの代に継がせたい。
 
 
 
【リフォーム・リノベーションする場合】
 
・将来、引越しや売却する可能性がある。
 
・ライフプランに影響があるほど、
 大幅な間取りや設備の変更はない。
 
・経済的な負担をなるべく抑えたい。
 
・DIYで実家をアレンジしたい。
 
 
 
いずれの選択肢にしても、
 
今までと生活が大きく変わります。
 
 
 
家族や兄弟、親戚、勤務先、友人など、
今後のライフプランに関わる人と
十分に相談した上で、
 
実家に住むかどうかは
判断して欲しいと思います。