【買取査定ステップ1】あなたの実家を買い取ったら、不動産業者はどうやって販売すると思いますか?

[`evernote` not found]

昨日お伝えしました、以下の
 
「不動産業者の買取査定 4ステップ」
 
 
◯ステップ1 
 どうやって売るか考える。
 
◯ステップ2 
 いくらで売れるか考える。
 
◯ステップ3 
 利益をどのくらいにするか考える。
 
◯ステップ4 
 コストを考え、買取金額を決める。
 
 
本日は、
 
ステップ1
「どうやって売るか考える」
 
についてお伝えします。
 
 
 
不動産業者が買取を検討するとき、
まず、考えることは、
 
「どんな商品として販売するか?」

です。

 
 
 
不動産に限りませんが、
 
ものを販売するには、
売れるものを創りますよね。
 
 
 
顧客が何を求めているのか?調査して、
 
その顧客ニーズに合わせた商品を創り、
販売していきます。
 
 
 
販売する不動産を商品というと
イメージがつきにくいかもしれませんが、
 
具体的には大きく以下の4つに分かれます。
 
 
 
◯リフォーム・リノベーションをして、
 マイホーム物件として売る。
 
 
◯家を壊して、
 マイホームを新築する土地として売る。
 
 
◯リフォーム・リノベーションして、
 投資用物件として売る。
 
 
◯家を壊して、
 投資用物件を新築する土地として売る。
 
 
 
要するに、
◉住むための商品にするか?
◉収入を得るための商品にするか?
ということです。
 
 
 
このどちらを選択するかで、
買取金額は大きく変わってきます。
 
 
 
買い取った後に販売する商品が
全く違うわけですから、
事業計画も全く変わります。
 
 
 
売却したい家が、
最初に挙げた4つの売り方の
どれに当てはまるのか?
 
 
また、
4つの中の一つではなく、
複数の商品として検討できるのか?など、
 
 
 
その家の周辺の需要や販売状況を調査して、
事業計画と販売する商品の形を決めます。
 
 
 
もし、
あなたが実家の売却を考えているなら、
 
「自分が社長だったら?」の目線で

考えてみてください。
 
 
 
自分の実家周辺では、
どんなニーズがあるのか?
 
 
自分の実家で利益を上げるためには、
どんな形で売ればいいのか?
 
 
といった具合です。
 
 
 
それがイメージできれば、
不動産業者との買取金額の交渉も
しやすくなるかもしれませんよ。