【オリ・パラ延期】今やるべき、実家の空き家対策は何か?

[`evernote` not found]

新型コロナウィルスの影響で、
 
ついに、
オリ・パラ延期が現実味を帯びてきました。
 
 
 
国際オリンピック委員会は
来月までに延期も含めた検討をし、
 
日本政府も延期を容認するとの
発表がされました。
 
 
 
世界各国で入国規制が実施され、
未だ収束の見通しが立たない中、
 
東京オリ・パラの開催は、
世界最大のクラスターとなり得ます。
 
 
 
仮に収束の兆しが見えても、
オリ・パラ開催の7月までの完全収束は、
素人目に見ても難しいと思いますし、
 
そもそもアスリートの方の、
心身の準備が万全ではないでしょう。
 
 
 
競技する方も、応援する方も、
最高の舞台で、最高のパフォーマンスを
望んでいますから、
延期もやむを得ないと、私は思います。
 
 
 
世界の夢を乗せた最大のイベントを
万全の環境で開催されることを
切に願っています。
 
 
 
オリ・パラが延期になれば、
当然様々な分野で影響はでます。
 
 
 
実家の活用を考える上でも、
オリ・パラは大きなきっかけと
位置づけているので、
 
開催延期となれば、
実家の活用も考え直さなければなりません。
 
 
 
しかも、経済の大打撃、
そして人類の大打撃を受けて、
考えていくことになります。
 
 
 
まだまだ世界中で
感染が拡大している今、
 
日本も世界の国々も、
刻一刻と事態は変わっています。
 
 
 
私の身近な人や、
ビジネスパートナーの話を聞いても、
日々事態は変わっていると
実感しています。
 
 
 
では、
オリ・パラ延期で、今何をすべきなのか?
 
 
 
空き家の実家のこれからも、今は、
「様子見」というのが大方の意見でしょう。
 
 
 
それはそれで正しい選択だと思いますが、
 
「いつ、何が、どうなったら、
 アクションを起こすのか?」も、
 
今から考えておいた方がいいでしょう。
 
 
 
いずれは古くなっていく実家ですから、
いつか、何かは、しなければなりません。
 
 
 
世の中の流通が止まっている今、
 
そして、しばらくはこの状況が続き、
オリ・パラ開催も延期の可能性が高い今、
まだまだ先は見通せないでしょうが、
 
いつかは
やらなければならないことですから、
 
一定の予測のもと、
実家のこれからのことは
考えておくべきでしょう。
 
 
 
今、世界全体が混乱しています。
 
 
 
今までに経験したことがない、
 
そして、
これからも経験することがない
事態なのかもしれません。
 
 
 
今この一瞬の状況を把握し、
変化に対応できるように、
 
実家のこれからのことも、
今から考えていきたいところですね。