「災害対応」から比較する、一戸建てとマンションのメリット・デメリット

[`evernote` not found]

昨年の台風被害で、
タワマンの弱点が影響した
今年の「住みたい街ランキング」
 
 
 
タワマンというよりも、
マンション住居のデメリットが、
 
あらためてクローズアップされたとも
言えるのではないでしょうか?
 
 
 
逆にいうと、
タワマンで苦慮されたことの教訓から、
 
一戸建ての良さも、
あらためて見えてきたようにも見えます。
 
 
 
よくマイホーム購入にあたって、
 
マンションがいいか?一戸建がいいか?
 
が議論されます。
 
 
 
これは永遠の論争とも
言えるかもしれませんが、
 
どちらも一長一短あって、
 
どちらが良いかは、
住む人のライフスタイルや考え方
によって違います。
 
 
 
タワマン災害が
住みたい街ランキングに影響したことから、
 
災害対策から見た
マンションと一戸建ての
メリット・デメリット
 
を以下に挙げてみました。
 
 
 
一概に「売れない」「迷惑がかかる」
といわれる空き家でも、
 
災害の面から見るとからすると、
安心できたりするかもしれませんね。
 
 
 
【一戸建て(2階建)の場合】
 
◯メリット
・すぐ避難できる。
・被害があっても自分で修理したり、
 近隣住民と協力して周辺を復旧できる。
 
◯デメリット
・災害に遭いやすい。
・1棟単位での復旧になるため、
 被害状況、保険内容、資金力によって
 復旧の程度や時間に差が出る。
 
 
【マンションの場合】
 
◯メリット
・耐震・耐火・耐風の基準が厳しいので
 災害被害に遭いにくい。
・管理会社が共用部を管理しているため、
 住民と管理会社で災害対応できる。
 
◯デメリット
・一度災害被害が発生すると、
 マンション全体に被害が及ぶ。
・避難しづらい。
・管理規約上、勝手に修理ができない。