障がい者のある子のライフプランを、空き家で貢献します。

[`evernote` not found]

先日、以下団体の
設立・事業説明会に参加してきました。
 
 
◉一般社団法人
  障がいのある子のライフプランサポート協会
 (所在地:神奈川県横浜市)
 
 
 
長い社名ではありますが、
この会社の事業内容が
そのまま社名になっています。
 
 
 
こちらの代表理事とは、
別の障がい者きょうだいを支援する団体の
セミナーで初めてお会いしました。
 
 
 
障がいを持つ家族のライフプランを
専門にサポートしている
ファイナンシャルプランナーの方で、
 
ご自身も障がいを持ったお子さんが
いらっしゃることから、
 
障がいを持った子供や家族の将来を
アドバイス・サポートされています。
 
 
 
私も兄が障がいを持っているので、
障がいを持った人のライフプランは、
真剣に考えていかなければならない立場です。
 
 
 
行政では対応できない問題もあり、
相談できる場所をずっと探していたので、
 
こうした障がい者のライフプランを
サポートしてくれる場所ができたのは
とても心強く思っています。
 
 
 
また、個人的なことだけではなく、
ビジネスの上でも大きく関わることがあります。
 
 
 
それは、
障がいを持った人の「住まい」の問題です。
 
 
 
障がい者が将来安心して住める場所、
親なきあとに心配せずに住める場所
を確保することは、
 
障がい者本人だけでなく、
その親やきょうだいにとっても切実な問題です。
 
 
 
私は空き家を
障がい者グループホームに活用することを
提案していますが、
 
そのグループホームは、
障がい者の将来を大きく左右すると言っても
過言ではありません。
 
 
 
安心した住まいが確保されて初めて、
生活ができるのですから、
 
その最も土台となる部分を
私はサポートしていきたいと考えています。
 
 
 
障がい者とその家族のライフプランは、
まだまだ十分に安心できるもの
とはいえません。
 
 
 
障がい者とその家族の支援を、
住まいの面からサポートできるように、
 
今回設立された団体とともに、
尽力していきたいと思っています。