【昭和57年新築】この年が実家の活用の分かれ目です。

[`evernote` not found]

お正月が明けて、2週間が過ぎました。
 
 
 
年末年始に、
家族や親戚、友人と久しぶりに会い、
実家のことを話して、
具体的に動き始めた人もいると思います。
 
 
 
オリンピックイヤーということもあり、
例年より、実家のことで動き始めた人も
多いように感じます。
 
 
 
古い実家をどうしたらいいか?
とのご相談をいただく中で、
私も様々な選択肢を考えますが、
 
その選択肢を考えるに当たり、
節目となる基準があります。
 
 
 
それは
 
「いつ新築されたのか?」
 
ということです。
 
 
 
具体的には、
 
昭和56年(1980年)
6月1日以降に
建築確認を取得したかどうか?
 
でその活用の選択は変わります。
 
 
 
この日以降に建築確認を受けた建物は、
 
「新耐震基準」
 
と呼ばれる、より地震に対して、
安全な基準で建物を設計しています。
 
 
 
この新耐震基準にあった建物であれば、
地震に強い建物で、一定の安全がある
と判断できるため、
 
建築に関わる、
様々な制度の基準になっています。
 
 
 
この昭和56年6月1日以降の建築確認
を受けているかどうかは、
 
建築確認書を見たり、
役所などの記録を確認しないとわかりません。
 
 
 
ただ、おおよその目安として、
昭和57年以降に新築されていれば、
親耐震基準の建物である可能性は高いです。
 
 
 
当時の一戸建ての工事期間を考えると、
 
建築確認を取得し、
工事を始めてから完成まで、
 
半年くらいはかかっていたと思われます。
 
 
 
したがって、
昭和56年6月1日以降に建築確認を取得し、
工事を始めたら、
 
完成するのは昭和57年に入ってからと
推測できます。
 
 
 
この新築した年月日は、
法務局で取得できる登記情報(登記簿)
に記載されています。
 
 
 
実家が親耐震基準に沿った建物かどうか、
わからない場合は、
 
その登記情報の表題部にある、
「原因及びその日付(登記の日付)」
という欄を見てください。
 
 
 
「◯年◯月◯日新築」と記載されているので、
 
まずはそれで、
おおよその検討をつけてみてくださいね。