実家の売却で、家具も不用品も全部ひきとってもらいました。

[`evernote` not found]

今年も残すところ、
あと一ヶ月半ほどになってきましたね。
 
 
 
年内にこれだけはやらなければ!と、

そろそろ焦りだし始める頃では

ないでしょうか?
 
 
 
そんな年内にやっておきたいことの一つが

「片付け」です。
 
 
 
自宅であれ、実家であれ、職場であれ、
何故か知らず知らずにものは、
たまってしまいます。
 
 
 
実家の場合、
「片付けなきゃ。。」と思いつつ、
 
 
家族の想い出のもので、
なかなか捨てられなかったり、
 
あまりにも片付けるものが多くて、
どこから手をつけていいかわからず、
途方にくれる、
 
 
なんてこともよく耳にする話です。
 
 
 
 
そんな片付けを意識するこの時期、
ある空き家の実家の売却が
決まったのですが、
 
 
この売却では、家と一緒に、
家具や家電など、全部まとめて
買う側に引き取ってもらうことになりました。
 
 
 
通常、空き家の売却は、
家の中にある家具や家電、粗大ゴミなど、
 
売る側で処分して、
空の状態で引き渡すのが一般的です。
 
 
 
そして、この処分にかかる費用も
売る側の負担になることが多いのですが、
 
家一軒で50万円とか100万円とか
かなり大きな金額です。
 
 
 
この空き家の場合も、
処分費用を業者に見積もってもらったところ、
ざっくり100万円と言われました。
 
 
 
家の売却金額の相場も
数百万円というエリアなので、
 
売却した金額で、
簡単に払える金額ではありません。
 
 
 
金額だけの問題ではなく、
片付けを依頼するにも、
ある程度整理しなくてはならないし、
そのために実家に行く時間も取られます。
 
 
 
そんな状況の中、
家と一緒に、家の中のもの全てを
引き取ってもらう条件で
売却が決まったのです。
 
 
 
家の売却金額は、
その処分費用も見込んでの金額なので、
その分は安くなりましたが、
 
 
それでも、
家の中にところ狭しとある家具や家電など
自分で片付ける手間と時間を考えれば、
決して悪い条件ではありません。
 
 
 
買う側も事前に家の中を見た上で、
処分に困るものがないかなど確認した上で、
今回の売却に至りました。
 
 
 
 
こうした、
家の中のものと一緒に売却できる形は、
 
実家にものが多くて
片付けに困っている人にとっては、
良い選択肢の一つです。
 
 
 
 
もちろん、家の中にあるものも、
引き取れるものと
そうでないものはありますが、
 
片付けが原因で、
実家の売却に困っているという人は、
こうした売却方法も一案です。
 
 
 
もし、
家具や家電であふれかえっている
実家の売却を考えているなら、
 
丸ごと売却できるかどうかも、
相談してみるといいですね。