【実家の買い替え】売るのが先か?買うのが先か?

[`evernote` not found]

実家を売却するには、
 
・一般媒介
・専任媒介
・専属専任媒介
 
の3つの売却方法があります。
 
 
↓詳しくは以下の記事をご覧ください。
 
 
【不動産売却の基本】
 実家の売り方はこの3つです。
→ https://jikka-akiya.com/?p=2275
 
 
 
この3つの方法は、
「売却」の方法ではありますが、
 
「買い替え」はこれらの他に、
売る側や買う家の事情によって、
さらにいくつかの方法に分かれます。
 
 
 
その中でも
特に気をつけるべきことは、
 
 
 売るのが先か?
 
 買うのが先か?
 
 
の選択です。
 
 
 
どちらが先になるかで、
実家の売却の仕方は
大きく変わってきます。
 
 
 
売るのが先なら、
実家を売ってから、または売りながら、
次の家を探すことになりますし、
 
 
買うのが先なら、
次の家を買ってから、または探しながら、
実家を売ることになります。
 
 
 
売るのが先か?、買うのが先か?
どちらがいいかは、
売る側、買う側の事情によって変わります。
 
 
 
また、以下に、
代表的な買い替えの方法を
挙げましたが、
 
これらの方法が
「できるか?、できないか?」によっても、
 
「売るのが先か?買うのが先か?」
は大きく変わってきます。
 
 
◯買い替え特約
 
◯買取保証
 
◯つなぎ融資
 
◯ダブルローン
 
 
 
売るのが先か?買うのが先か?
どちらを選んだらいいのかは、
 
それぞれの買い替えの方法、
メリット、デメリットを理解した上で、
判断すべきです。
 
 
 
次に買う物件の条件、
買い替えの時期、
買い替えにかかる費用、
 
 
などによって、
メリット・デメリットは
大きく変わりますので、
十分に理解して欲しいと思います。