【不動産売却の基本】実家の売り方はこの3つです。

[`evernote` not found]

実家の売却に限りませんが、
 
家や土地を不動産業者に依頼して
売る場合は、以下の3つの形があります。
 
 
◉一般媒介契約
 複数の業者に依頼して売却。
 
 
◉専任媒介契約
 1社のみに依頼して売却。
 自分で顧客を探すことは可能。
 
 
◉専属専任媒介契約
 1社のみに依頼して売却。
 自分で顧客を探すことはできない。
 
f57fa60234d823508547ef18283949c2_t.jpeg
 
 
 
売る側の事情や要望を考慮して
この契約の形のどれかで
進めることになりますが、
どの形であっても、一長一短はあります。
 
 
 
実家の売却には、
複数の人間が関わることが多く、
心情的な要因も大きいので、
 
 
どの売却の形がいいかは、
一概には言えません。
 
 
 
また都市部と地方部のように、
エリアによっても、
売り方の違いはあります。
 
 
 
さらに
売却を依頼する不動産会社を選ぶ際も、
得意な売り方によって、
選ぶ会社も変わってきます。
 
 
 
したがって、この3つの売り方は、
実家を売却するには、
しっかり理解しておかなくてはならない
基本的な内容になります。
 
 
 
次回からは、
実家を売る時の、この3つの売り方ついて、
メリット・デメリットを
お伝えしてまいります。
 
 
 あなたにとってどの売り方が、
実家や自身の事情にあっているか、
確認してみてくださいね。