実家を相続する年齢を想定して、ライフプランを考えてみよう!

[`evernote` not found]

昨日は、
空き家になった実家の活用を
 
ライフプランに
組み入れて考えてみることを、
お伝えしました。
 
 
 
このライフプランというのは、
家族全員のライフイベントを把握して、
 
自身の将来設計をしていこう
というものです。
 
 
 
具体的には、
ライフイベント表というものを作成し、
 
今から何年後に、
家族にどんなイベントがあるのかを、
 
表にしてビジュアルで理解しながら、
将来設計を立てていきます。
 
 
 
ライフイベント表については、
後日あらためて実例をご紹介しますが、
 
 
私の提案は、
このライフイベントに
 
「実家の相続」を入れて、
 
将来設計を考えるというものです。
 
 
 
 
もっと具体的にお伝えすると、
 
自身が実家を相続する
年齢を予測して、
 
空き家活用を含めた、
将来設計を考えてみるのです。
 
 
 
例えば、
 
 
親の年齢から予測して、
 
自分が55歳の時に実家を相続するだろう
と仮説を立て、
 
その時の家族のライフイベント
(子供の大学進学、就職など)を考えて、
 
空き家活用を含めた将来設計を立ててみる、
 
 
といった具合です。
 
 
 
こうして「実家の相続」を
将来設計に組み入れると、
 
空き家の実家の活用を考える上で、
メリットが出てきます。
 
 
 
次回はそのメリットについて、
お伝えしますね。