東京オリンピックが、実家の賃貸に及ぼす影響

[`evernote` not found]

昨日は
東京オリンピックによる、
実家の売却への影響について
お伝えしました。
 
 
 
東京オリンピックの開催は
不動産の売買価格だけでなく、
賃貸需要にも影響を及ぼしています。
 
 
 
むしろ、
 
東京オリンピック開催期間中の
宿泊先などで賃貸需要が高まり、
 
賃貸住宅や宿泊施設確保のために、
土地やマンションが多く売買され、
 
そのために、
不動産の売買価格が上がっている、
 
と言った方が正しいでしょう。
 
64487922d159161660372b95af8a1ead_t.jpeg
 
実家の賃貸活用に関わることも
いろいろ考えられますが、
代表的な活用方法として
民泊があります。
 
 
 
民泊は、国策として
増える空き家の対策だけでなく、
 
オリンピック期間中の
宿泊施設不足の対策にも
大きな役割を担っています。
 
 
 
オリンピック会場や関係施設周辺に
実家があれば、
 
民泊へチャレンジする大きなチャンスです。
 
 
 
というか、
2度と来ないかもしれない、
日本開催のオリンピックですから、
 
最初にして、最後の
ビッグチャンスでしょう。
 
 
 
 
昨年民泊が解禁されたものの、
まだまだ民泊の普及には
大きな壁があります。
 
 
 
空き家を所有している人も、
民泊を管理する立場の人も、
 
始まったばかりの制度ですから、
不安や戸惑いはまだまだあるでしょう。
 
 
 
だからこそ、
宿泊先が足りないと言われている
この東京オリンピックで、
 
自分の実家が
民泊で活用できるかどうか、
テストしてみてはどうでしょうか?
 
 
 
民泊ができれば、
一つの賃貸活用のデータができます。
 
 
 
そのデータを活用して、
次は長期の賃貸で
活用してみても良いでしょう。
 
 
 
自分の実家が、国外、国内の方に、
どのような魅力を与えることが
できるのか?
 
 
 
それは、
実家を売るか、貸すかの
大きな判断基準になり、
 
自分の実家が、
国際的に通用するかどうかを
試す機会にもなります。
 
 
 
東京オリンピックという
歴史的な大きなステージで、
 
実家が持つポテンシャルを引き出して、
 
有益な実家の活用方法を
ぜひ探ってみてください。