2019年 実家を「貸す」デメリットとは?

[`evernote` not found]

実家を「貸す」という選択肢は、
2019年に最も期待できる
活用方法ですが、
デメリットも、もちろんあります。
 
 
実家を貸すということは、
「大家になる」ということです。
 
 
 
大家になったら、
大家の悩みも当然出てきます。
 
 
 
そして2019年の大家は、
東京オリンピックや
住宅セーフティネットといった、
歴史的なイベントや新しい政策を背景に、
 
 
「外国人」や「高齢者」「障がい者」
といった、
 
 
今までは避けていた入居者層が
視野に入ってきます。
 
 
 
言うならば、
アパートや賃貸マンション経営の
定番のリスクに加え、
 
未知のリスクとも
向き合うことになることでしょう。
 
d89e59b82ff7d682a15a2a4c5ce0ed62_t.jpeg
 
 
 
以下に、実家を「貸す」場合の、
デメリットの一例を挙げてみました。
 
 
 
アパートや賃貸マンションなど、
人に貸すためにつくられた建物は
空室だらけで、供給過剰状態です。
 
 
 
その中で、
住むために建てられた一戸建ての空き家が、
どれだけ賃貸専用物件と差別化できるのか?
 
 
 
自身が賃貸オーナーとなった気持ちで、
対処すべきリスク・デメリットを
考えてみてください。
 
 
 
【貸す場合のデメリット】
 
◉すぐに借り手がつくか、わからない。

◉貸したら、ずっと、
 返してもらえないかもしれない。

 
◉実家に他人を住まわせるのに
 抵抗がある。

◉借りている人と
 トラブルにはなりたくない。

◉家賃を滞納されるかもしれない。

◉借り手がどんな生活をするのか不安。

◉不具合があったら、
 修繕しなければならない。

◉緊急事態が起こった時は
 対処しなければならない。

◉管理を任せるのに、
 実家の地元の不動産会社を知らない。

◉室内にあるものを
 運びださなければならない。

◉リフォームをする必要がある。
 
 
◉外国人に住んでもらうのに、
 生活習慣の違いを
 理解してもらう必要がある。
 
 
◉外国人入居者の
 生活態度やマナーについて、
 周囲からの苦情が入る可能性がある。
 
 
◉高齢者の生活援助や
 介護の対策が必要。
 
 
◉高齢者の孤独死の可能性がある。
 

実家を「貸す」という選択肢は、
2019年に最も期待できる
活用方法ですが、
デメリットも、もちろんあります。
 
 
実家を貸すということは、
「大家になる」ということです。
 
 
 
大家になったら、
大家の悩みも当然出てきます。
 
 
 
そして2019年の大家は、
東京オリンピックや
住宅セーフティネットといった、
歴史的なイベントや新しい政策を背景に、
 
 
「外国人」や「高齢者」「障がい者」
といった、
 
 
今までは避けていた入居者層が
視野に入ってきます。
 
 
 
言うならば、
アパートや賃貸マンション経営の
定番のリスクに加え、
 
未知のリスクとも
向き合うことになることでしょう。
 
d89e59b82ff7d682a15a2a4c5ce0ed62_t.jpeg
 
 
 
以下に、実家を「貸す」場合の、
デメリットの一例を挙げてみました。
 
 
 
アパートや賃貸マンションなど、
人に貸すためにつくられた建物は
空室だらけで、供給過剰状態です。
 
 
 
その中で、
住むために建てられた一戸建ての空き家が、
どれだけ賃貸専用物件と差別化できるのか?
 
 
 
自身が賃貸オーナーとなった気持ちで、
対処すべきリスク・デメリットを
考えてみてください。
 
 
 
【貸す場合のデメリット】
 
◉すぐに借り手がつくか、わからない。

◉貸したら、ずっと、
 返してもらえないかもしれない。

 
◉実家に他人を住まわせるのに
 抵抗がある。

◉借りている人と
 トラブルにはなりたくない。

◉家賃を滞納されるかもしれない。

◉借り手がどんな生活をするのか不安。

◉不具合があったら、
 修繕しなければならない。

◉緊急事態が起こった時は
 対処しなければならない。

◉管理を任せるのに、
 実家の地元の不動産会社を知らない。

◉室内にあるものを
 運びださなければならない。

◉リフォームをする必要がある。
 
 
◉外国人に住んでもらうのに、
 生活習慣の違いを
 理解してもらう必要がある。
 
 
◉外国人入居者の
 生活態度やマナーについて、
 周囲からの苦情が入る可能性がある。
 
 
◉高齢者の生活援助や
 介護の対策が必要。
 
 
◉高齢者の孤独死の可能性がある。