空き家の実家は、早く売却するのが「吉」というのは、本当でしょうか?

[`evernote` not found]

私はこのブログを書くために、
「実家」や「空き家」といった
ワードでインターネット検索を
よくしています。
 
 
 
すると、以下の記事のように、
 
 
「空き家の実家は
 負の財産なので、
 早く売却して、
 経済的な負担をなくそう」
 
 
といった内容の記事に
よく巡り会います。
 
 
◯実家の家や土地、最大の「遺品」に 
 放置で空洞化も
 
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO25465950Z00C18A1000000?channel=DF280120166594
 
2018年1月18日 
日経電子版 マネー研究所より
 
 
 
確かに、多くのメディアで
取り上げられているように、
 
 
空き家の実家は、
維持管理が大変なので、
 
 
周囲に迷惑をかけてしまう可能性は
かなり高いです。
 
 
 
そうであれば、
空き家の実家の維持管理方法を考えるより、
 
 
問題の根本である、
空き家の実家を売却してしまえば、
経済的な負担は無くなりますから、
 
 
より早い時期での売却は、
理にかなった空き家対策であることには
間違い無いでしょう。
 
 
 
しかしながら、
「早く」売却することが、
全ての空き家の実家に
当てはまることとは、私は思いません。
 
363779bd7e021818680f5b1bea3fb16c_t.jpeg
 
 
 
むしろ、急いで売らずに、
ライフプランに合わせて、
 
 
計画的に
時間をかけて売却した方が、
 
 
空き家の実家を
有効に活用できる場合もあります。
 
 
 
このブログでも
取り上げている事例も含め、
 
 
次回から
どういった空き家の実家が、
時間をかけて売却した方が良いのか、
お伝えしていきますね。