空き家で 生計費を補う選択肢とは?

[`evernote` not found]

年初めの3連休が終わりましたね。
 
 
「これからが、今年の本番!」と、
息巻いて、始動している人も
きっといることでしょう。
 
 
 
1月もあっという間に、
半月が過ぎようとしています。
 
 
 
気を引き締めて、
オリンピックイヤー初月を、
乗り切っていきましょう!
 
 
 
さて、昨日は、
最低生計費に空き家の維持費が加わったら?
ということをお伝えしました。
 
 
 
夫婦と子供二人、
京都で普通の生活をするには、
 
40代で月額54万円、
50代で月額70万円
 
がかかるという試算結果ですが、
 
これくらいはかかるだろう。。とはいえ、
詳細に具体的な金額を提示されると、
びっくりしますよね。
 
 
 
ここに空き家の維持費が加わったら、
この金額がさらに上がるわけです。
 
 
 
そのためにも、
空き家の実家のこれからを
真剣に考えなければなりません。
 
 
 
では具体的に、
空き家の実家にかかる維持費を減らすには、
何をすればいいのでしょうか?
 
 
 
基本に戻り、空き家の実家の選択肢ごとに、
メリットとなくなる維持費を挙げてみます↓
 
 
【実家を売る】
・まとまった収入を得る。
・固定資産税の負担がなくなる。
・修理費がなくなる。
 
 
【実家を貸す】
・一定期間定期収入を得る。
・草むしりや空気の入れ替えなど、
 空き家の実家にいくための交通費が減る。
 
 
【実家に住む】
・住居費が減る。なくなる。
・実家にいくための交通費がなくなる。
 
 
【実家を利用する】
・自身の事業の拠点とし、売上、収益をあげる。
・リフォームなどによって修理費が減る。
・リフォームなどにかかる費用は、
 事業収入で回収する。
 
 
【実家を壊す】
・台風や放火等、近隣へのリスクがなくなる。
・修理費はなくなるが、
 解体費用の負担や固定資産税増になる。
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
 
言われてみれば、当たり前といったことが
ほとんどですが、
 
何も行動を起こさないと、
維持費が家計にボディーブローのように
のしかかってきます。
 
 
 
年の初めに
家計と空き家の実家の維持費について
お伝えしましたが、
 
実家が家計の負担増にならないよう、
今年は考動してみてくださいね。