家庭内事故で、実家の売却に困ってしまうこと

[`evernote` not found]

親が高齢になると、
家の中で起こる事故も多くなってきます。
 
3328b71e42b58dc61170765310bade87_t.jpeg
 
例えば、
 
・階段から落ちる。
・入浴中に溺れる。
・扉の枠につまづく。
・ベッドから落ちる。
・立ち上がるときによろけて、
 家具にぶつかる。
・手すりがない場所で転ぶ。
 
 
等々、
数えたらきりがありません。
 
 
 
私も高齢の方と接する機会は多いので、
家の中で事故が起こるシーンは
よく理解できます。
 
 
一人暮らしの高齢者にとって、
「自宅が凶器になるかもしれない」
というのは、
決して大げさな例えではありません。
 
 
 
そしてこのような家の中での事故により、
残念ながら亡くなってしまうことも、
現実には多くあります。
 
 
 
さて、こうした家の中で亡くなった場合、
家の売却にも関わってくることがあります。
 
 
 
それは、
買い手に
家の中で亡くなった事実を
伝えなければならないことです。
告知義務と言います。)
 
 
 
家の中で
自殺とか事件が起こったら、
その家を買う人や借りる人に
当然、伝えなければなりませんが、
 
それは、
不慮の事故や病死も同じです。
 
 
 
特に事件性がなくても、
家の中で亡くなっいること自体を
忌み嫌う人はいますので、
 
 
家を売ったり、貸したりするときには、
買う人、借りる人に
伝える必要があります。
 
 
 
逆にそれを伝えないで
売ったり、貸したりすると、
 
「そんなこと聞いてない!」

「人が家の中で
 亡くなっていたら、
 契約しなかった!」

「人が亡くなった部屋に
 いたくない!」
 
などと、
トラブルになる可能性は高いです。
(実際に多くのトラブルが起きています。)
 
 
 
そしてトラブルにならないまでも、
 
家の中で人が亡くなったという、
心理的な理由で、
家の価値が下がり、
 
相場より安くなってしまうことも
多くあります。
 
 
 
私も過去の取引の中で、
室内で人が亡くなった物件を
取引させていただいたことが
いくつかありますが、
 
金額の問題ではなく、
室内で人が亡くなっていること自体が
受け入れられず、
「買わない」という方も多く、
 
お金で解決できない、
心理的なデメリットが大きいことを
いつも感じています。
 
  
 
このように、
不慮の事故とはいえ、
実家で親が亡くなると、
実家の売却に影響してくることは
十分にあり得ます。
 
  
 
実家で親が亡くなってしまうことは
あまり考えたくはないことでは
ありますが、
 
 
いつかやってくる相続時の
起こり売る出来事として、
理解していただけたらと思います。