「DIY賃貸」でご実家の活用を考えていただきました!

[`evernote` not found]

こんにちは!

故郷の実家を宝に変えよう!

実家の空き家対策プロデューサー
細井久男です。

2017年2月19日「故郷の実家活用セミナー」に
ご参加された和歌山市県和歌山市の
S.M様(男性)より、
ご感想が届きましたので、ご紹介しますね!

ーーーーーーーーここから!ーーーーーーーーー

◉本セミナーに参加する前に、どんなお悩みや課題をお持ちでしたか?

私は和歌山県出身で長男ということで、
また自宅を父との共同名義で所有しているため、
まさにこの問題に直面する。

貸すとしても貸主が修繕を実施しないといけないし
大変だなと課題を持って参加しました。

 

◉実際に参加してみて、いかがでしたでしょうか?

実際に参加してみて、
借主が修繕を行うという発想はなく、
借主が修繕を行うことで
貸主、借主双方にメリットがあることを
知ることが出来き、将来の不安が少しは和らぎました。

 

◉今後「実家の空き家対策」で聞いてみたい・知りたいと思う、
テーマ・内容等、お聞かせください。

地方分権や道州制などの問題も加味したのか分かりませんが、
野村総研のデータをみる限り、
人口減少が空き家になる大きな理由の一つだと思います。

ただ、これが地方分権や道州制などによっても
人口減少や少子化に歯止めがかからないという
専門家の見解があるとより説得的なのかなと思います。

 

◉その他本セミナーについての、
ご意見・ご感想・ご要望など、お聞かせください。

DIY型の定義がなく講義が進んでいった気がします。
この辺りでDIY型ってなんだろうとの疑問を持ちながら
講義を受けるかたちとなったので、
DIY型の定義に触れられると良かったと考えます。

ーーーーーーーーここまで!ーーーーーーーーー

S.M様、ご感想ありがとうございました!

将来、故郷の実家をどうしたらいいだろうか?
まさにこのセミナーで提起した問題に直面されていらっしゃいました。

 

実家の活用案として、
借主様のお気に入りのリフォームが自由にできる
「DIY賃貸」
を私はお勧めしていますが、

貸す側にとっても負担やリスクを抑えることができ、
また借りる方も自分のライフスタイルに合わせて、
好きなようにリフォームできるため、

「DIY賃貸」は貸す方、借りる方それぞれにメリットがある
賃貸活用方法だと思います。

※「DIY」は「Do it youaself(自分でやる)」の略です。

 

もちろん、デメリットや注意点もありますので、
具体的な活用事例や内容をお聞きしたい方は、
是非セミナーにいらしてくださいね。

お待ちしています!