【DIY型賃貸借】実家を貸すのに、お金をかける必要がありますか?

[`evernote` not found]

DIY型賃貸借の「貸す」側のメリットに、
 
 
「現在の状態で賃貸でき、
 修繕の費用や手間が
 かからない」
 
 
ということがあります。
 
(国土交通省HP
「DIY型賃貸借のすすめ」より抜粋)
→ http://www.mlit.go.jp/common/001127624.pdf
 
 
 
これは、DIY賃貸借では
借りる人の好きなように、
部屋や家をアレンジしていいので、
 
あえて貸す側の方で、
何かする必要もないためです。
 
 
 
賃貸マンションやアパートでは、
入居者が変わるたび、
 
また時代やニーズの変化により、
 
一定のリフォーム・リノベーション
をする必要があります。
 
 
 
賃貸マンションやアパートは
人に貸して、お金をいただくために
建てたり、買ったりしているので
 
貸す部屋、貸す家は
「商品」として魅力あるよう、
整えなくてはなりません。
 
 
 
そのためには
必要なお金や手間はかけるべきです。
 
 
 
実家を貸すにあたっても、
貸すという行為は
賃貸マンションやアパートと同じですが、
 
実家は貸すために
建てたり、買ったりしている
わけではありません。
 
 
 
取得した目的や経緯が違うのですから、
 
まず、同じ賃貸物件といっても、
賃貸マンションやアパートと実家は
「別物」と考えるべきです。
 
 
 
実家を人に貸して収益を得よう!
という起業家精神がある方なら、
 
空き家の実家を、
事業のチャンスと考え、
お金をかけることはできると思いますが、
 
 
 
そもそも
住むためにある実家を、
 
なぜお金をかけて、
人に貸す必要があるのか?
 
という考えもあるはずです。
 
 
 
こうした考え方のギャップを埋めるのが、
 
借主が費用負担して、
借主の好みで部屋や家をアレンジできる、
「DIY型賃貸借」なのです。
 
 
 
借りる側にも、
自分の好きなように部屋や家を
アレンジしたいという希望を
持つ人は多くいます。
 
 
 
退去するときに、
修繕費用を請求されるのが不安で、
自分の希望を抑えて、
借りて住んでいる人もいるでしょう。
 
 
 
「DIY型賃貸借」は、
貸す側と借りる側の思惑を一致させる、
大きな解決策です。
 
 
 
貸す側は、
実家の維持管理の費用や手間がなくなり、
 
借りる側は、
自分の好きな部屋や家にアレンジできます。
 
 
 
実家を貸すことを考えているなら、
まず「DIY型」が前提として、
考えてみてくださいね。