実家を「売る」メリットとは? 〜2022年11月版〜

[`evernote` not found]

誰も住まなくなった実家を相続すると、
多くの方がご検討されるのが
「売る」という選択です。
 
 
 
誰も住まないのだから、
持っていてもしょうがない、、、
 
 
それはごもっともなご意見で、
実に自然な考え方だと思います。
 
 
 
まとまった金額が得られるというのは、
実家を売る最大のメリットですが、
 
コロナ禍や世界情勢、日本の生活事情など、
今だから売る理由やメリットもあると思います。
 
 
 
特にこの半年の中では、世界情勢や円安により、
物価高や光熱費など日常生活に直結する影響で、
これからの実家の維持管理に支障がでることも
十分あり得ます。
 
 
 
以下に今の時期に、
実家を売るメリットを挙げてみました。
 
 
 
自身のライフプランを見据えて、
今実家を売るメリットがあるかどうか?
 
ぜひ考えてみてくださいね。
 
 
 
【実家を「売る」メリット】
 〜2022年11月版〜
 
◉2022年の事情
 
・ウクライナ情勢や円安による、
 物価高や光熱費アップに対して、
 まとまった資金を確保して安心できる。
 
・先の見えない不安を払拭できる。
 
・リモートワークが日常生活となり、
 住宅購入や住み替えを考える人が増えたため、
 不動産売買、賃貸とも今は好調、
 高く、早く売れる可能性がある。
 
・2025年問題と言われる
 団塊世代が後期高齢者になるとき、
 介護費用や医療費の増加が見込まれ、
 その準備資金に当てられる。
 
 
◉まとまったお金ができる。
 
・老後資金が確保できる。
・教育資金が確保できる。
・事業資金(起業資金)が確保できる。
・相続関係者に現金で分けられる。
・住宅購入、住み替え資金ができる。
・室内を片付ける費用が捻出できる。
・相続税などの納税資金ができる。
・生活資金が確保できる。
・借り入れが返済できる。
・親の介護費用を捻出できる。
・旅行など楽しむ費用ができる。
・葬儀費用が捻出できる
・税理士など、人に依頼する費用ができる。
 
 
◉空き家の管理をしないで済む。
 
・草むしりをしなくて済む
・空気の入替えをしに行かなくて良い。
・周囲からの苦情から解放される。
・隣人との付き合いをなくすことができる。
・建物を解体して売却することができる。
・不法侵入者の心配がなくなる。
・火事の心配がなくなる。
・台風で飛ばされる心配がなくなる。
・地震で壊れる心配がなくなる。
・雨漏りの心配がなくなる。
・片付け、遺品整理を終わらせられる。
 
 
◉固定資産税を払わなくて済む。
 
 
◉リフォームやメンテナンス費用がなくなる。
 
 
◉実家への想いを断ち切れる。