空き家を持っていることは、チャンスです!

[`evernote` not found]

空き家の実家を持っていて、
困っていない場合、
 
 
空き家を持っていることを
 
「チャンス」と理解することも、
 
空き家を動かすきっかけになります。
 
 
 
ネットや各メディアでは、
古い実家を相続すると、
 
 
「早く売った方がいい。。」
 
「維持管理が大変。。」
 
「周りに迷惑。。」
 
 
など、
空き家を持っていることについて
否定的な意見を伝えている人が
目につきます。
 
 
 
しかしながら、
基本に立って考えてみれば、
 
古い空き家といっても
親から引き継いだ立派な財産です。
 
 
 
しかもこの数年は、
民泊や住宅セーフティネットなど、
 
国が積極的に
空き家対策を打ち出してきたり、
 
空き家を活用して
事業をしていこうとする
会社や個人が増えてきました。
 
 
 
わざわざ、事業のために
空き家を買っている
会社や個人もいるくらいです。
 
 
 
そんな空き家活用の追い風の中、
古いながらも
土地と建物という不動産を相続したのなら、
それは立派なチャンスと言えるでしょう。
 
 
 
 
不動産を活用すると、
 
経済的なメリット
 
が得られます。
 
 
 
売ったり、貸したりして、
収入を得るのはもちろん、
 
 
実家に住むことで、
新規に家を買ったり、
借りたりすることがなくなり、
 
経済的支出を抑えることもできます。
 
 
 
経済的なメリットが得られれば、
自分の人生を、豊かに、良い方向に
変えていくこともできます。
 
 
 
もちろん、実家を相続したことで、
いいことばかりではありませんが、
 
少なくとも、財産を手に入れて、
それを活かすチャンスは手に入れたのです。
 
 
 
空き家の実家を持っていて、
特に困っていないようなら、
 
「空き家で
 経済的なメリットを得て、
 
 人生を変えるかもしれない
 チャンスを持っている」
 
と捉え、
空き家の実家を動かす一歩と
されてみても良いかと思います。