「在日外国人」への実家の活用を考えてみませんか?

[`evernote` not found]

昨日は、新年度最初の、
東村山での異業種交流会でした。
 
 
 
オンラインと会場でのハイブリッド開催で、
 
会場参加の方とは、
久しぶりにリアルな名刺交換もでき、
有意義な交流ができましたね。
 
 
 
 
この交流会も4年以上開催していますが、
始めた当初からすると、
この交流会での活動も大きく変わってきました。
 
 
 
その中でも、特に変わってきたと思うのが、
外国との交流が増えつつあることですね。
 
 
 
昨日も活動内容を発表しましたが、
 
今この交流会で、
東村山市を海外に広めようと、
 
アメリカのビジネスパートナーに、
東村山市のプロモーション動画を
英訳してもらい、
 
英語圏の人に東村山を
知ってもらおうとしています。
 
 
 
また昨年は、
ネパール人の方とオンライン交流会を開催し、
具体的なビジネスの話も出てきています。
 
 
 
コロナで外国人の方が来れず、
外国人に関わる業界は厳しい状況ですが、
 
こんな状況だからこそできる、
外国人との交流やビジネスもありますよね。
 
 
 
在日外国人の方が、
会社を設立したい、お店を開業したい、
住まいを引っ越したい、
 
といったお話はよく耳にしますし、
実際にご依頼もきていますので、
 
在日の外国人の方が、
動いているのは肌感覚で感じます。
 
 
 
もちろんその動きには、
先のような前向きなことのほかに、
 
コロナの影響を受けた、
生活や仕事に直結した
マイナスのこともあります。
 
 
 
こうした在日外国人のニーズに
空き家の実家を活用できることは
多くあるのではないでしょうか?
 
 
 
住まい、お店、事務所、など、
在日の外国人の方が
求めているスペースのお話は多くあります。
 
 
 
コロナで外国から人が来ないなら、
すでに日本にいる外国人のために
空き家を利用できないか?
 
 
 
そのために、
空いている実家を活用することも
考えてみたいところですね。