【新型ウイルス】不動産業界がとるべき対応は?

[`evernote` not found]

連日報道されている新型コロナウイルス。
 
 
 
日本国内にも広がり、
他人事ではない状況になってきました。
 
 
 
国の対応に注目が集まっていますが、
国からの情報や指示を待つばかりでなく、
 
私たち自身も今からできる予防や対策は、
しっかりしなければなりません。
 
 
 
イベントや集会の中止・延期、
また不要・不急な外出の自粛など、
各地、各人に様々な影響が出ていますが、
 
不動産業界にも、
少なからず影響は出ていることでしょう。
 
 
 
不動産業界は、
今が1年の中で最も物件が動く繁忙期です。
 
 
 
4月から新しい学校や職場で過ごす方々が、
お部屋や家を各地で探している今時期、
 
人の流れは、お盆や年末年始に並び、
1年の中で最も動く時期と言えるでしょう。
 
 
 
そしてこの時期の人の動きは、
お盆や年末年始の帰省と違って、
「定住」という違う動きがあります。
 
 
 
ただ人が流れる、動くというだけでなく、
「引越しして住む」わけです。
 
 
 
ウイルスのリスクを考えるなら、
ウイルスが「広がる」リスクだけでなく、
「定着する」リスクもあるわけです。
 
 
 
そのリスクを回避するためにも、
まずは一人一人が危機意識を持ち、
自分ができる予防・対策は行って、
ウイルスの拡散は防がなければなりません。
 
 
 
繁忙期とはいえ、
優先すべきは、人の命と健康です。
 
 
 
まずはお客様に
安心いただける対応を心掛け、
 
新年度、東京オリパラを、
少しでも安心して迎えられるよう、
 
一不動産業者として、
考動していきたいと思います。
 

連日報道されている新型コロナウイルス。
 
 
 
日本国内にも広がり、
他人事ではない状況になってきました。
 
 
 
国の対応に注目が集まっていますが、
国からの情報や指示を待つばかりでなく、
 
私たち自身も今からできる予防や対策は、
しっかりしなければなりません。
 
 
 
イベントや集会の中止・延期、
また不要・不急な外出の自粛など、
各地、各人に様々な影響が出ていますが、
 
不動産業界にも、
少なからず影響は出ていることでしょう。
 
 
 
不動産業界は、
今が1年の中で最も物件が動く繁忙期です。
 
 
 
4月から新しい学校や職場で過ごす方々が、
お部屋や家を各地で探している今時期、
 
人の流れは、お盆や年末年始に並び、
1年の中で最も動く時期と言えるでしょう。
 
 
 
そしてこの時期の人の動きは、
お盆や年末年始の帰省と違って、
「定住」という違う動きがあります。
 
 
 
ただ人が流れる、動くというだけでなく、
「引越しして住む」わけです。
 
 
 
ウイルスのリスクを考えるなら、
ウイルスが「広がる」リスクだけでなく、
「定着する」リスクもあるわけです。
 
 
 
そのリスクを回避するためにも、
まずは一人一人が危機意識を持ち、
自分ができる予防・対策は行って、
ウイルスの拡散は防がなければなりません。
 
 
 
繁忙期とはいえ、
優先すべきは、人の命と健康です。
 
 
 
まずはお客様に
安心いただける対応を心掛け、
 
新年度、東京オリパラを、
少しでも安心して迎えられるよう、
 
一不動産業者として、
考動していきたいと思います。