リノベーションマンションが多い理由とリノベーション住宅が少ない理由。

[`evernote` not found]

この数年、
増える空き家が注目されている中、
 
 
古いマンションの一室を買い取って、
リフォーム・リノベーションして
再販売する、いわゆる
 
リノベーションマンション
 
を取り扱う不動産業者が、
多くなりました。
 
 
 
マンションを買い取って、
再販売するビジネスは、
 
ずっと昔からあったもので、
決して目新しいものではありません。
 
 
 
しかしながら、
 
 
・中古マンションの
 リフォーム・リノベーション
 工事の確立
 
 
・保証や保険などの制度の整備
 
 
・顧客のライフスタイルの変化
 
 
・住宅ローンの充実   
 
 
などの理由で、
 
マイホーム購入者の
リノベーションマンションへの
人気も高まってきました。
 
 
 
顧客の人気が高まると、
当然、リノベーションマンションを
取り扱う不動産業者も
多くなってきたわけですが、
 
その理由には、
以下のような理由もあります。
 
 
 
◉リノベーションマンションを
 販売している不動産会社が
 多い理由
 
 
・利便性が良い、
 販売しやすい立地にある。
 
 
・調査、確認事項が少ない。
 
 
・室内だけリノベーションすれば良い。
 
 
・土地に責任を負わない。
 
 
・管理組合や管理会社との話し合い、
 また管理規約に基づいて、
 工事・販売・購入者対応をする。
 (ルール、基準が明確)
 
 
・同マンション内に
 調査事例、販売事例がある。
 
 
 
一方、
リノベーションマンションがあるなら、
リノベーションして販売する一戸建て、
いわゆる、
 
リノベーション住宅
 
もあるわけですが、
 
 
こちらはというと、
リノベーションマンションに取り組む
不動産業者ほど、多くはありません。
 
 
 
それは、
リノベーションマンションとは反対の
以下のような理由があります。
 
 
◉リノベーション住宅を販売する
 不動産業者が少ない理由
 
 
・様々な立地条件にあり、
 販売が難しい立地がある。
 
 
・調査・確認事項が多い。
 物件ごとに個別に調査・確認する。
 
 
・戸建は室内と室外に
 リノベーション・リフォームが必要。
 
 
・土地にも責任を負う。
 
 
・周囲の人間関係にも配慮する。
 
 
・マンション業者は戸建に詳しくない。
 
 
 
これらの理由は、
個人が一戸建ての空き家を
売ったり、貸したりするときにも、
当てはまることが多く、
 
 
これらの理由を知っておくことで、
実家の活用を考える、
大きなヒントにもなってきます。
 
 
 
次回から、
これら6つの項目について、
詳しくお伝えしていきますね。