【家計の収支確認表】実家を貸す理由を探せます。

[`evernote` not found]

昨日は実家を売る理由を探すための
「家計のバランスシート」
をご紹介しました。
 
 
 
本日は、
 
「実家を貸すかどうか」
 
を判断できるツール(表)をご紹介します。
 
 
 
◉家計の収支確認表
 (日本FP協会HPより)
 
→ https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/files/2_Income_outgo.pdf
 
 
 
税金とか社会保険料とか、
少し難しく書いてあるかもしれませんが、
 
 
簡単にいうと、この表で、
 
「家計の年間収入と年間支出」
 
がわかります。
 
 
 
年間の収入と支出がわかると、
家計が年間で、
 
黒字になるか、赤字になるか
 
がわかります。
 
 
 
この収支確認表によって、
 
黒字が少ない、
または赤字だったりすると、
 
収入を増やすか、支出を減らすか
しなければなりません。
 
 
 
これを解決するために、
実家を貸すことで収入を得て、
 
黒字幅を大きくする、
 
または赤字をなくす
 
ことが検討できます。
 
 
 
売却は
まとまった金額が必要な人向けの
活用方法ですが、
 
賃貸は、
定期的な収入が足りない人向けの
活用方法です。
 
 
 
定期的な収入を得ることで、
日常生活を心豊かに過ごすことができ、
将来のための貯蓄も可能になります。
 
 
・子供の年間の学費、
 
・老後の生活費、
 
・年間のレジャー費用
 
 
などなど、
定期収入が必要な項目は、
人それぞれです。
 
 
 
必要な定期収入が
 
確保されているかどうか?
 
 
これが実家を貸すかどうかの
判断基準の一つでもあります。
 
 
 
実家を貸すということは、
実家はお金を稼いでくれる
パートナーでもあるということです。
 
 
 
打ち出の小槌とまでは言いませんが、
古くなっても不動産は稼いでくれます。
 
 
 
必要な収入が満たされているかどうかを、
この「家計の収支確認表」で確認して、
 
実家を貸して活かすかどうかを
判断されてみてください。