2019年 実家に住むデメリットとは?

[`evernote` not found]

来年2019年は、
 
消費税増税という、
 
歴史に残る出来事があります。
 
 
 
この消費税が
実家に関わることの一つとして、
昨日お伝えしたような、
 
実家の建て替えやリフォーム
 
があります。
 
 
 
住宅を建てたり、リフォームする際の
工事請負金額は、消費税の対象となるので、
 
工事金額が同じなら、来年に建て替えすると、
 
工事ににかかる費用は増税分、
高くなることになります。
 
(増税までのスケジュールは、
 ここでは省略します。)
 
 
 
建て替えにかかる費用が、
仮に2000万円であれば、
 
消費税が8%から10%になることで、
消費税は160万から200万に
上がるわけです。
 
 
 
この例で言えば、
40万円建て替えにかかる費用が
高くなること自体が、
 
来年実家に住む
デメリットの一つになりますが、
 
この40万を支払うかどうかが、
実家の建て替えを、
後押しするきっかけにもなってきます。
 
f4d7d9142b52b20abb0a4a805cdc8cbf_t.jpeg
 
以下に実家に住むデメリットやリスクの
一例を挙げてみました。
 
 
 
実家に住むことによるデメリットは、
人間関係や気持ちに関わる部分が多いです。
 
 
 
消費税の増税と人の気持ちを
天秤にかけるような感じにも
なりかねませんが、
 
 
これからのライフプランを
この機会にしっかり考え、
 
実家に住むかどうか、
判断されてみてください。
 
 
 
【実家に住むデメリット】

◉近所付き合いがうまくいくか?

◉今と同等の収入の仕事があるか?

◉今より不便になる。

◉家が老朽化しているので、
 修繕費用がかかる。

◉今の自宅が持ち家の場合、
 売却するか、賃貸に出すか?

 保有するなら、実家と自宅で
 2軒分の維持費がかかる。

◉妻(夫)に気を使わせる。

◉引っ越し作業がある。片付けが大変。

◉売るや貸すより、
 気持ちの上で大きな決断となる。
(終の住みかの気持ちで引っ越す。)

◉今までの友人や人間関係が薄くなる。
(なくなってしまう。)

◉一から生活を創っていくことになる。