介護リフォームって、どんなリフォーム?

[`evernote` not found]

DIY賃貸では、
リフォーム範囲や内容を
取り決めしておけば、
 
 
介護リフォームも
借りる人の自由にできることを、
お伝えしました。
 
 
 
高齢者の住まいには、
転倒防止や、
万が一の時に緊急対応できるような
家の状況であることが必要ですが、
 
 
昔ながらの家には、
高齢者の生活にとっては、
不都合だったり、
危険だったりすることが多々あります。
 
 
 
一口に
「DIY賃貸で介護リフォームができますよ」
といっても、様々なリフォームがあります。
 
 
 
「DIY賃貸だから」といっても、
借りる人の安全にも関わることなので、
 
 
貸す側も、
貸す家でできるリフォーム内容は、
ある程度理解しておく必要はあるでしょう。
 
 
 
 
以下に、
戸建て住宅でできる、
介護リフォームの事例をあげてみました。
 
 
 
借りる人の生活習慣や身体状況によって、
考えられる介護リフォーム内容は様々ですが、
 
 
まずは代表的なリフォーム内容は
押さえておきましょう。
 
6e5f4f8f8dd57137e073ef8494d4cd65_t.jpeg
 
 
・手すりの設置。
 (階段、トイレ、浴室、玄関など)
 
・和式トイレを洋式トイレに変更。
 
・敷居の段差をなくす。
 (フローリングの重ね合わせ、
  スロープの設置など)
 
・開き戸を引き戸に変更。
 
・自動水洗への変更。
 
・階段昇降機、
 ホームエレベーターの設置
 
・式台の設置
(玄関の土間と床との段差を縮める板)
 
・浴室入口の段差の解消、滑り止め
 
・見守り機器の設置
(センサー、IOTの活用)
 
・間取り変更
(壁をなくす、間仕切りの設置)
 
・消臭対策
 (消臭効果のある壁紙や
  壁素材への変更)   など