マイホームで安定した賃料を保証する「マイホーム借り上げ制度」とは?

[`evernote` not found]

GW前のネットニュースで、
以下の記事を目にしました。
 
 
『空き家になった
 実家はどうする?

「マイホーム借上げ制度」の
 メリット・デメリット』
(平成30年4月19日 ZUUonline より)
https://zuuonline.com/archives/184511
 
 
この記事の内容は、

親の施設入所で空いた実家を
どうしたら良いだろうか?という問題に、

「移住・住みかえ支援機構(以下JTI)が行う
「マイホーム借り上げ制度」
を利用して、実家を貸してみてはどうか?

というものです。

 
 
◉マイホーム借り上げ制度
(JTIホームページより)
https://www.jt-i.jp/lease/index.html
 
 
9b17b570fe04740012cc6ea12b06c348_t.jpeg
 
 
「実家を貸す」という活用は、
このブログでお伝えしている
「実家レンタル」
基本的な内容は同じですが、

借り手がつかない時にも
一定の賃料を保証することが
大きな特徴です。

 
 
また民間(一般社団法人)の運営ですが、
万が一の時には、国の後ろ盾があるので、
安心して貸すことができるという、
大きなメリットがあります。
 
 
 
反面、一定の耐震性が求められたり、
年齢制限があるなど、
一般的な賃貸活用よりも、細かい基準の為、
どんな住宅でもいいという
わけではありません。
 
 
 
ただ、
国が関わる実家の賃貸活用ですので、
実家の活用方法としては、
ぜひ知っておいたほうが制度の一つです。
 
 
 
次回から、
この「マイホーム借り上げ制度」について、
詳細を掘り下げてみていきますね。