二つの「全国版空き家バンク」の特徴を知っておこう!

[`evernote` not found]

4月から高機能化された
全国版空き家・空き地バンク
ですが、

これには
LIFULL版バンク
アットホーム版バンク
の二つのサイトがあります。
 
 
不動産に携わっていたり、
家を売ったり、買ったり、
または部屋を貸したり、借りたり
したことがある方は、

一度は目にしたことがある
会社名かと思います。

 
 
この2社が、それぞれ
「全国版空き家・空き地バンク」
サイトを運営して、
全国の空き家・空き地情報を
ワンストップで発信しています。
 
 
国土交通省が発表している
両サイトに掲載している情報を
挙げると以下の通りです。
 
【LIFULL版】
 
◉ハザード情報
・地震による揺れやすさ
・液状化の可能性
・浸水の可能性
・地震予測震度6強以上
・地震予測震度5強以上
・土砂災害危険箇所
・土砂災害警戒区域
・活断層図
・浸水想定区域
・災害履歴
 
◉地形情報
・自然環境条件図
・土地条件図
・旧版地形図
・明治時代の低湿地図
・標高マップ
・航空写真(国土画像情報)
 
◉生活支援情報
・避難所
・地下公示
・都道府県地価調査
・小学校区マップ
・中学校区マップ
 
 
【アットホーム版】

◉ハザード情報
・揺れやすさ
・活断層
 
◉生活支援情報
・避難場所、避難所
・駅
・病院、診療所
・警察、消防署
・学校
・金融機関、郵便局
・ショッピング施設
・コンビニエンスストア
・賃貸相場
・売買相場
 
 
比較してみると、

LIFULL版はハザード情報が
充実していて、

アットホーム版は生活関連情報が
充実していますね。

 
 
実際に両サイトを見てみると、
見やすさや利用のしやすさは、
一長一短です。

実家を売る、貸すための調査として
閲覧するなら、
閲覧項目によって両サイトを
併用するのが良いようです。

 
6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_t.jpeg
 
 
ちなみに私個人としては、
アットホーム版の方が、
不動産初心者には見やすく、
生活に身近な情報が多いようには感じます。

また売買・賃貸相場に関わる情報も
充実しているので、
予算面を検討されるには
向いていると思います。

 
対してLIFULL版は
様々なハザード情報や地形情報などを
重ね合わせて見れるのがいいですね。

建て替えや大規模な増改築など、
建物の構造や耐震性などに関わる
リフォーム・リノベーションを
検討されている方には、
向いていると思います。

 
 
実家の売却、賃貸活用をお考えの際は、
まずは両サイトを併用しながら、

実家エリアの大枠の状況・情報を、
把握していくことから
はじめられると良いかと思います。