実家を活用するための、リフォーム・リノベーション計画の基本とは?

[`evernote` not found]

以前より打ち合わせを進めていた
あるマンションのリフォーム工事が、
始まることになりました。
 
 
 
私は全体的なプランニングで関わり、
現場施工はリフォーム業者に
お任せする形ですが、
 
お客様、工事業者と打ち合わせを重ね、
いよいよ工事着工となります。
 
 
 
マンションと一戸建てでは、
リフォーム・リノベーションの内容は
異なりますが、基本的な流れは同じです。
 
 
 
その工事内容を決めるステップは、
大まかには以下のようになります。
 
 
1、なぜリフォーム・リノベーションを
  行うのか?(目的の明確化)
 
 
2、その為の予算はどのくらい確保するのか?
 (予算の確保)
 
 
3、何を優先するのか?(優先順位の決定)
 
 
 
このステップは、
リフォーム・リノベーションするときの
基本的な流れですが、
 
実家を活用する時の
リフォーム・リノベーションも
これと同じ流れになります。
 
 
 
・自分が住むために行うのか?
 実家を売るため、貸すために行うのか?
 
 
・お金は自分が出すのか?
 実家を買った人、借りた人が出すのか?
 
 
・何をどこまですれば、
 実家を買った人、借りた人の目的は
 達成できるのか?
 
 
といったところを考えながら、
リフォーム・リノベーションの計画は
進めることになります。
 
 
 
要するに、
 
誰が、何の為に、何をするのか?
 
を明確にするということです。
 
 
 
古い実家を活用するには、
リフォーム・リノベーションは
必ず関わってくることです。
 
 
 
まずは
リフォーム・リノベーションの
初めの一歩をおさえてくださいね。
 
 
 
次回は、実家を活用するための
リフォーム・リノベーションの
基本的なことについてお伝えしますね。