実家を「DIY型賃貸借」で貸すメリットとは?

[`evernote` not found]

DIY型賃貸借の大きな3つ特徴について、
お伝えしました。
 
 
 
これらの特徴があることで、
実家を貸す側にも、
大きなメリットが生まれてきます。
 
 
 
実家が古くなったら、売るしかない、、
 
としか考えられなかった人にも、
「貸す」という選択肢が
考えられてくることでしょう。
 
 
 
以下に、
その代表的なメリットを挙げてみました。
 
 
 
◯借りる人の好きなように家をアレンジできる。
 ↓
・他の賃貸物件と差別化できる。
・そのままの状態で貸せる。
・一戸建てなら土地も好きなようにできる。
 
 
 
◯返してもらうときはそのままの状態。
 (原状回復なし)
 ↓
・次も貸せる。売りやすい、貸しやすい。
・返してもらった時に何もしなくて良い。
 
 
 
◯借りる人がアレンジする費用を負担する。
 (リフォーム・リノベーションなど)
 ↓
・貸す側の費用負担がなくなる、少なくなる。
・長く借りてもらえる。長期収入につながる。
 
 
 
簡単にまとめると、
 
貸し始めた時から返してもらう時まで、
手間を極力かけることなく、
長く家賃収入を得られる、
 
ということです。
 
 
 
これらは、
空き家になった実家を貸すからこそ、
考えられ、得られるメリットです。
 
 
 
あなたにはどんなメリットが
当てはまりそうですか?
 
 
 
ぜひ、考えてみてくださいね。