実家を「貸す」メリットとは?〜2022年11月版〜

[`evernote` not found]

もう住まない古い実家は「売る」しかない、、
そう考える人は多くいますが、
 
実家の活用には、
「貸す」という選択肢もあります。
 
 
 
実家の状況や
家族のライフプランによっては、
売るよりも「貸す」方が良いこともあります。
 
 
 
では、具体的に実家を貸すメリットとは何か?
 
 
 
以下に、その一例を挙げてみました。
 
 
 
円安や世界情勢で不安要素が多い今、
実家を貸すことで得られる
自身や家族のメリットとは何か?
ぜひ考えてみてくださいね。
 
 
 
【実家を「貸す」メリットとは?】
 〜2022年11月版〜
 
◉2022年の事情
 
・ウクライナ情勢、円安など、
 不安定な状況の今、しばらく貸して、
 今後の様子を見ることができる。
 
 
・ガソリン、電気代、物価高などで
 家計の出費が増える中、
 家賃収入で増えた出費を補うことができる。
 
 
・テレワーク、ワーケーション、地方移住と、
 コロナで変わったライフスタイルが定着し、
 いろいろなな貸し方ができる。
 
 
・外国人の受け入れが緩和され、
 コロナ前のようなインバウンド需要に
 期待が持てる。
 
 
◉実家のメンテナンスから解放される。
 
・防犯、防火の心配がなくなる。
 
・草むしりや空気の入れ替えで、
 わざわざ行く必要がなくなる。
 
 
◉定期・安定・長期の収入が入る。
 
・定期収入で心理的に安心できる。
 
・生活資金を補填できる。
 
・貯蓄や投資の積み立てができる。
 
・老後資金を積み立てられる。
 
・教育資金の補うができる。
 
・解体費用をつくることができる。
 
 
◉長期的に実家の売却を考えられる。
 
・実家を手放すことがない。
 
・売れなくても収入を得られる。
 
・長期・計画的に売却することができる。
 
・一時貸しにすれば、
 家族が実家に集まることができる。
 
・空き家にすることなく、
 今後の実家のことを考えられる。