オリンピックメダリストから学ぶ基本の大切さ〜実家の空き家対策も同じです〜

[`evernote` not found]

昨日の女子ボクシングの金メダル、
感激しました!
 
 
 
私も学生時代、
アマチュアボクシングをやっていて
階級も金メダルを獲得した選手と同じでした。
 
 
 
レベルは全然違いますが、
あの階級は相手選手をみてもわかるように、
かなり大きな人が多く、パワーがあります。
 
 
 
パワーや腕の長さ(リーチ)を生かすため、
自分の普段の体重から
1階級、2階級落としてくる選手が多い中、
 
そして、
もともと体格が違う外国人選手を相手に
勝ち上がって金メダルを獲ったことは、
 
想像を絶する過酷な練習をされて、
準備してのぞんだ証だったと思います。
 
 
 
私が試合をみていて思ったのは、
本当に「基本」に忠実だったことです。
 
 
 
少しボクシングの話になりますが、
いくつか挙げてみると、
 
 
腕を挙げてガードを高くする、
 
足を使って的を絞らせない、
 
左のジャブで攻撃の糸口をつかむ、
 
相手のパンチをみて、上下に攻撃する、
 
前傾姿勢を保ち、
相手のパンチが当たった衝撃に耐える、
 
 
といった感じで、
文字通り教科書のような
ボクシングをされていました。
 
 
 
「基本が大切」とは、
どんなことにも当てはまりますよね。
 
 
 
それは実家の空き家対策も同じことで、
基本が分かっていない中で話を進めても、
 
本当に自分が望む結果には、
たどりつかないでしょう。
 
 
 
オリンピック選手の輝かしい活躍から、
基本の徹底、基本の理解、基本の大切さを
あらためて、教えていただきました。
 
 
 
ぜひ実家の空き家対策でも
その基本を今一度考えてみてくださいね。
 
 
 
とはいえ、
 
実家の空き家対策の基本とはなにか?
まずは何をするべきなのか?
 
この夏あらためて、お伝えしていきますね。