実家の窓、閉まりますか?

[`evernote` not found]

私は、実家がガラス屋であることから、
窓周りのリフォーム業も行っています。

先日、網戸の張り替えの依頼があり、

現場に行った時のことです。

網を張り替えるために、

窓枠から網戸を外そうとしたら、
なかなか網戸が外れませんでした。

ねじを緩めたり、

上下に動かしてもなかなか外れません。

どうして外れないのか??

諸々確認したところ、

窓枠の真ん中あたりが下がっていて、
網戸が外れないことがわかりました。

築50年以上経つような古い家では、

家自体の重さで、
窓枠が歪んでしまうことがあります。

極端にいうと、

四角の窓枠が凹形になってしまうのです。

重さで窓枠の上の方が落ちてきて、

網戸が滑らなくなったり、
外れなくなったりするのです。

古い家は、老朽化と家の重みで、

いろいろな箇所に歪みや隙間が
できてしまいます。

これは木の家である以上、

やむを得ないことです。

窓枠が歪んだからといって、

直ちに家に影響があるわけではありませんが、

これは古い家をこれからどうするかを考える

一つのサインですね。

売るにしても、貸すにしても、住むにしても、

この家をどうするか?

修理するのか、そのままにするのか、

一気に壊すのか?

そんな選択肢を考える機会に

なるのではないでしょうか?

ちなみに今回網戸を張り替えた家は、

築40年以上経ちますが、

この1年くらいで、

売ろうか、貸そうか、考えているようでした。

実家の窓、網戸がどうなっているか?

それもきっかけに

これから実家をどうするか?
考えてみてくださいね。