費用をかけずに空き家対策したいなら「DIY賃貸」しませんか?

[`evernote` not found]

実家とアパート・賃貸マンションとの違い、
実家を貸す時のアピールポイントと
お伝えしてきました。
 
 
 
そもそも実家は、
貸すために建てられたわけではないので、
 
アパートや賃貸マンションのように、
長く貸すために修繕計画をたてて、
 
あらかじめ貸すのにかかる費用を
見込むことはしないでしょう。
 
 
 
実家の場合は、
長く住むためのリフォームは考えますが、
それは貸すためにかかる費用とは違います。
 
 
 
貸すための費用とは、
借りる人に喜ばれる、満足してもらえる
家や部屋にするものです。
 
 
 
家族や自己満足のために
リフォームを行う費用とは意味が違います。
 
 
 
貸すための費用はおさえたい、
 
実家を貸すなら
そう思う人も多くいることでしょう。
 
 
 
その貸すための費用をおさえられるのが、
「DIY型賃貸借」です。
 
 
 
「DIY型賃貸借」とは、
自分の好みのお部屋や家に住みたい
借り手のニーズを、
DIYで可能にする賃貸の形です。
 
 
 
いずれ売却する実家を、 
借り手の責任と費用負担で
借り手の好きなようにリフォームできる
 
そんな賃貸の形にすれば、
貸す側のリフォーム費用の負担を、
大幅になくすことができます。
 
 
 
実家の空き家対策としても、
費用負担をおさえ、家賃収入を得て、
維持管理ができる、
大きなメリットがあります。
 
 
 
実家を迷惑空き家にせず、
多様化する時代のニーズに応えられる、
DIY型賃貸借。
 
 
 
実家の空き家対策の大きな選択肢として
ぜひ、考えてみてくださいね。