いつか売る実家の貸し方とは?

[`evernote` not found]

コロナがきっかけで、
地方移住やワーケーション、テレワークなど、
新しい日常が浸透し、
新しいニーズが生まれてきました。
 
 
 
なかなか売れない家でも、
借りたいニーズは、
コロナ前よりも増えてきています。
 
 
 
売れないなら、貸しませんか?
 
とあらためて、私はお勧めしますが、
いざ古い実家を貸すと考えると、
さまざまな心配ごともあるでしょう。
 
 
 
貸すにしてもリフォーム費用がかかりそう、
 
貸したら返してもらえないのでは?
 
そもそもそんな古い家を借りる人がいるの?
 
 
など、心配されることでしょう。
 
 
 
ではその心配を解決するには
どんな方法があるのか?
 
 
 
私が古い一戸建てを貸すときに、
提案しているのは以下の3点です。

 
1、売却を前提とした賃貸活用

2、借主負担によるDIY型賃貸借

3、期限を定めた定期借家契約

 
 
これらは実際に私が管理している家で
行っている貸し方ですが、
 
これらを組み合わせることで、
貸す側の心配を減らし、
借りる人のニーズにも応えることができます。
 
 
 
この3点の具体的な内容について、
次回からお伝えしていきますね。