良き思い出に潜む、空き家への道〜実家が空き家になる理由その⑥〜

[`evernote` not found]

実家で過ごした懐かしい日々、
そんな大切な「思い出」があって、
何もせずにそのままにしておく、
 
これも実家が空き家になり、
長く放置される大きな理由です。
 
 
 
同じ空き家といっても、
実家が賃貸マンションやアパートなどと
決定的に違う部分は、
この思い出・想い入れの部分です。
 
 
 
「思い出」という感情的な問題は、
時間がかかることでもあります。
 
 
 
自分一人だけでなく、兄弟、親戚など、
複数の人の感情が入り混じりますので、
簡単に解決できる問題ではないでしょう。
 
 
 
「もう住まないからどうにかしよう。。」
と簡単に割り切れないかもしれませんが、
 
 
いつまでも過去の思い出を残しておくよりも
輝ける未来を築くために、
利用・活用していく考え方も必要です。
 
 
 
親が建てて、守った家を、
今度は自分の将来のために利用・活用する、
 
それが今私たちができる、
親孝行の一つとも
言えるのではないでしょうか?
 
 
 
何も思い出を全て捨てろ、
ということではありません。
 
 
 
メディアが発達した今の時代、
思い出は様々な形で記録に残せます。
 
 
 
写真や動画、音声、3Dプリンター、等々、
方法はたくさんあります。
 
 
 
思い出は、杓子定規にできない、
難しいことではありますが、
 
自身や家族の輝ける未来のために、
実家への想いを変えていきたいですね。