実家を解体して、更地で売却する場合のメリット・デメリットとは?

[`evernote` not found]

実家を解体して更地にした場合、
その後どうするのか?
 
 
 
代表的なのは、
 
「売る」「貸す」「そのままにする」
 
という選択肢が考えられます。
 
 
 
まず更地にして「売る」場合の
メリット・デメリットを考えてみます。
 
 
 
実家を解体してから「売る」といっても、
いくつかケースがあります。
 
 
 
例えば、
 
・周りに迷惑がかかるので、
 まずは実家を解体し、頃合いをみて売る。
 
・土地にした方が売りやすいと思い、
 戦略的に実家を解体して売る。
 
・土地建物を一緒に売りたいが、
 購入希望者から建物の解体を求められた。
 
といったことが挙げられます。
 
 
 
ケースバイケースによって、
メリット・デメリットはありますが、
 
土地で売る場合の大きなポイントは
 
解体費用をかけてまで、
売却するメリットがあるかどうか?
 
というところです。
 
 
 
地方の実家だと、
売却金額よりも解体費用の方が高い場合も、
よくありますが、
 
費用だけでなく、
建物をなくして売ること自体に、
大きなメリットになることはあります。
 
 
 
以下に、土地で売る場合に考えられる
メリット・デメリットを挙げてみました。
 
 
 
古い実家を壊して売却するかどうか?
判断する時のご参考にしてください。
 
 
 
◉実家を解体して土地で売却する時の
 メリット・デメリット
 
◯メリット
 
・建物の責任を考えることなく売却できる。
 (手離れできる。)
 
・売却するまで、
 建物の管理を気にすることがなくなる。
 
・売却する土地の形や状況がはっきりわかる。
 
 
◯デメリット
 
・建物の解体費用、
 樹木や石などの撤去費用などがかかる。
 
・売却に時間がかかる。