【GoTo商店街】実家のあるエリアの魅力に気づくチャンスです!

[`evernote` not found]

昨日、経済産業省が、
「GOTO商店街」専用サイトを開設しました。
 
 
◉GoTo商店街事業者向けサイト
https://gotoentry.meti.go.jp
 
 
◉GoTo商店街事業に関するお知らせ
https://www.meti.go.jp/covid-19/goto-shoutengai/index.html
 
※上記いずれも経済産業省HPより
 
 
 
「GoTo商店街」は、
感染拡大防止対策を徹底しながら、
イベント実施などを通じて、
地域に活気を取り戻すきっかけとする事業です。
 
 
 
「シャッター街」になっている商店街は、
都市部、地方部とも多くありますが、
 
商店街が活性化することは、
そのエリアの活性化につながる
きっかけになります。
 
 
 
実家がもう商売をしていないお店だったり、
シャッター街近くの空き家の実家には、
 
新しい活用や需要につながる可能性もあり
私も大いに期待しています。
 
 
以下が詳細の内容です↓
 
◉GOTO商店街事業の内容
 
https://www.meti.go.jp/covid-19/goto-shoutengai/download/gaiyou.pdf
 
※経済産業省HPより。
 
 
 
この中で、
GoTo商店街の事業イメージとして、
 
◯地域の期待に気づく、
 
◯地域・商店街の良さを伝える、
 
◯成果を次に伝える、
 
ということが記載されていました。
 
 
 
これは参加する商店街関係者だけに
限ったことではなく、
 
その地域に関わる全ての人に
当てはまることだと思います。
 
 
 
むしろ地域に関わる人の想いを、
商店街を通じて形にしてもらう、
そんな意味合いもあると想います。
 
 
 
実家の空き家対策としても、
実家のある地域の魅力に気づくことは、
大切な考動です。
 
 
 
どこの商店街も
この機会に動くわけではないと思いますが、
 
逆に地域の魅力を商店街関係者に提案して、
「オール実家エリア」みたいな感じで、
一体で取り組んでいけるといいですね。