【山中湖】55年前のリゾマンを、今の時代にどう利用するか?

[`evernote` not found]

本日、合宿2日目、
午前中のプレゼン大会が終了して、
このメルマガを書いています。
 
 
 
昨日午後から、
プレゼンと講義、自己紹介・アピールと、
 
学生時代に戻ったかのような、
体育会系の合宿です。
 
 
 
実際、30年前にこの山中湖で
学生時代に所属していた
ボクシング部の合宿に参加していました。
 
 
 
あの時とは違う、
社会人として自分を追い込む合宿となり、
 
良い刺激を受けて、
合宿の最終クールに入ろうとしています。
 
 
 
最終クールには、
売却依頼を受けたリゾートマンションを、
参加メンバー全員で現地確認してきます。
 
 
 
現地の様子は、
また明日ご報告させていただきますが、
 
現地を見る前に、
このリゾートマンションは
どういった使い方ができるのか?
 
考えてみました。
 
 
 
リゾートというくらいですから、
定住者向けではないマンションです。
 
 
 
季節ごとの
山中湖や富士山周辺を楽しむために、
都度泊りにくる利用方法でしょう。
 
 
 
民泊としての利用も考えられますが、
管理会社に確認したところ、
このマンションは民泊禁止とのことでした。
 
 
 
また、
保養所など会社の福利厚生施設として、
利用するというやり方も考えられます。
 
 
 
他にもいろいろな利用方法が
考えられると思いますが、
 
今回は他業種の人たちも一緒に
現地を見てくれるので、
 
不動産業者以外の目線で
どういう利用方法が考えられるのか?
 
意外な、貴重な、意見が出てきそうです。
 
 
 
山中湖に限りませんが、
昔建てられたリゾートマンションは、
昔のライフスタイルを想定していますから、
 
今のライフスタイルにあった利用方法が
できるとは限りません。
 
 
 
そして今回ご依頼いただいたマンションは、
私が生まれる前に建てられた、
築55年のリゾートマンション です。
 
 
 
インバウンド、少子高齢化、車離れ、など、
 
55年前には予想できなかった今の時代に、
55年前のマンションをどう活かすのか?
 
 
 
これからさらに増えていくであろう、
相続したリゾートマンションの活用方法を
しっかり考えてみたいと想います。